2016年10月15日

自律神経の状態を把握するための無料アプリ

みなさん、こんにちは。

土曜日の今日は久しぶりに雲ひとつ無い秋晴れ。

FullSizeRender (57).jpg

気持ちの良い天気ですね。いかがお過ごしでしょうか。

今日はみなさんにオススメのアプリをご紹介したいと思います。


先日クライアントさんから頂いたメールで、自律神経計測アプリで気力が見たことのない数値を出しました!と言われて、

え? なにそれ? 自立神経計測アプリ? 面白そう!

と、調べてみたら出てきました。

これ。

COCOLOLO-心拍のゆらぎで8タイプのキモチをチェック(無料)

>>iPhoneからはこちら

>>アンドロイドからはこちら (←アンドロイド版のリンク追加しました。Yさんありがとう!)

IMG_6029.PNG

良いですね、これ。

スマホのカメラのレンズに指を当てると、血流の行動変化からRR感覚の変動を検出して…なんたらかんたら…(笑) つまり、なんかうまいこと自律神経の状態を計測してくれるみたいです。

このアプリによって計測できるのは次の2点。

1)現在のストレス度とリラックス度のバランス

2)現在のカラダの元気度(トータルパワー)

それが、自分の感覚とも一致している感じで、信頼できそうです。

寝起きに測ると、リラックスしすぎていますし、

外に出て仕事モードになるとストレス度が高まっている。

単にストレスがダメとか、リラックスが良いということではなく、そのバランスが取れた地点を「理想」とするところにも非常に納得が行きます。


朝から晩まで全力で仕事をしてヘトヘトになって「終わった!」と思って、計測してみると、

「ぐったり」と出る。

IMG_6014.PNG

カラダの元気度(トータルパワー)がすっからかんで、ほとんど残ってない!

IMG_6015.PNG

そう。ほんとそう。空っぽなんだよ。おまえさんだけは分かってくれるんだね?って、なんか理解者がいてくれた気がして妙に癒されたり(笑)


で、ちょっと休憩を取って瞑想してから計り直すとリラックス度が理想的なバランスに戻り、カラダの元気度も若干回復!

IMG_6018.PNG

よし!

ってな感じで、一人で遊んでいます(笑)


こういうシステムは、僕ら心理業界では以前から知られていて、

ほんの5年くらい前だと、パソコンソフトと指からデータを読み取るためのデバイスがセットになって、数十万円していたんです。

マインドフルネスなどの瞑想によってどこまでストレス値が減らせるか、エビデンスになるデータを取るために使われていたんですね。

それが今やスマホがあれば誰でも無料で手に入れられて、どこででも使えるのです。

凄い時代になりました。

人前で話す直前はどれくらいストレスかな?とか、朝目覚めてすぐはどうかな?とか。

仕事から帰った今はエネルギー残ってるかな?とか、その都度モニタリングすることで、自分の扱い方が丁寧になってきたような気がします。


カウンセリングをしていると、仕事から帰ったら勉強しようと思いつつ、いつもダラダラしてしまう自分を責めている方が非常に多いのですが、

アプリで計測してみると、エネルギーが空っぽになっていることに気づいて、まずは回復から始めないと!と思えるかもしれません。

私自身の気付きとしては、

食後に測ってみるとかなりの割合で「ぐったり」と表示されて、自分が食事によってどれほど疲れているのか、はっきりとわかりました。

少なくとも私の場合、物を食べて胃に消化の負担をかけることは、人前で喋ることや仕事をすることよりもずっとストレスのようです。

これまでも体感としては薄々気づいてはいましたが、数値で示されると改善しようという気になるものですね。

どんな食べ方をすれば疲れないのか。

何を食べれば疲れないのか。

食後のデータを計測しながら、しばらく模索したいと思います。


あと、朝起きて布団の中でまどろみながら、スマホで株価をチェックしたら暴落していた時のデータがこれ。

IMG_6033.PNG

せっかくエネルギーいっぱいやのに、ストレス高すぎるやろ!!(笑)とか。

まあ、そんな感じで楽しいです。

このブログの読者さんの中にも、漠然と生きづらいな…と感じていたり、

朝が辛いな…だったり、

仕事がストレスだな…と感じていらっしゃる方が多いと思いますが、

では実際それがどれほどのものなのか、数値で見える化して、回復を工夫してみてはいかがでしょうか。

自分の扱いが上手くなるコツは、セルフモニタリングの精度を上げることに尽きるので、きっと役立つと思います。

ということで、ここにおすすめしておきます。

>>iPhoneからはこちら

>>アンドロイドからはこちら 

何か面白い気付きがあったら教えて下さいね。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

こちらは毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

それ以外にも、

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら           
posted by ms at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

HSPのあなたが効率的に神経を休息させるためのアイテム

皆さん、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。

3月に入って、少しずつ春らしくなってきましたね。
今日はカウンセリングが終わった後も、まだ外が明るく日が照っていました。

ひと仕事終えた後にも日が照っている。

それだけで随分と気持ちが晴れやかになるものですね。

さて、今日は久しぶりにHSPや内向型のストレス処理のお話です。


【大量の刺激に晒される時代に】

近年は本当にめまぐるしいほどのスピードが求められる時代になりましたね。昨日Amazonで買った商品が今朝には届くのですから。

そして、ネットやソーシャルメディアの発達によって、目にする情報量も年々多くなってきています。

それは消費者としてはありがたい反面、働き手としては大変ですね。

スピードが求められ、処理する情報量も膨大で、仕事量も求められる。

普通の一日の生活でも、かつては考えられなかったような大量の情報が頭の中を通過していきます。

その膨大な情報量にやられてしまうのがHSPや内向型の特徴です。


【複雑でデリケートなHSPの神経回路】

HSPや内向型の脳は、情報処理の神経回路が外向型とは違っていると言われています。

専門的になりすぎるので詳しくは省略しますが、インプットされた情報を脳の中に通すルートが外向型と比べて内向型は長く複雑なのです。

そうやって長いルートを情報が通過するわけですので、それだけしっかりと情報を咀嚼して、そこから気づきや洞察を引き出すことは得意なのですが、

サクサクと素早く大量の情報処理することには向いていないのです。

その結果、今日一日の活動の刺激が頭の中で処理しきれずに残ってしまって、家に帰った後に何かをしようとしてもボーっとしてしまったり、

翌朝起きても頭がスッキリしなかったり…。というようなことが起こります。

この問題には私も相当悩まされました。

で、そういう時に有効なのが以前の記事に書いた、『暗闇の中で思考を紙に書き出す』方法です。

>>『忙しいと自分がわからなくなる人』を参照

この方法はとても有効で。「翌朝のスッキリ具合が凄い!」というような声を今でもよく頂きます。

そして、今日はもう1つ有効な方法をお伝えしたいと思います。

これもとてもシンプルな方法ですが、かなり有効です。

それは、できるかぎり耳栓をしておくという方法です。

HSPの方は神経が敏感なのですが、特に耳が敏感なのです。

そのことに気付いてらっしゃる方もいらっしゃれば、気付いてない方もいらっしゃいます。

私自身もそれに気付いたのは数年前のことなのですが、どうも私達の耳はものすごく些細な音も拾ってそれに神経を反応させているようなのです。

驚くことに、それは寝ている間もそうです。

常に神経を使しているのです。

そこで、耳栓を使うことでそれを強制的にOFFにしてあげるのです。

そうすると疲れた神経が休まり、脳は新しく入ってくる情報(ノイズ)に付き合う必要はないので、今日の仕事で受けた刺激の処理や癒しに集中できる訳です。


【耳栓で神経を休める】

さて、それではまずはどういった耳栓がベストなのでしょうか?

私自身がさまざまな耳栓を試した結果、質とコストと使い心地全てにおいてベストな耳栓がこれです。

MOLDEX メテオ (10ペア) -
MOLDEX メテオ (10ペア) -

まず、遮音性が高く、かつ何回も使えます。

百均の耳栓は数回使うとへたって使えなくなるのですが、この耳栓は非常に長持ちします。

そして、日本人の耳には大きすぎて痛くなるものが多い中、最もソフトです。

そしてそれだけの品質の割には価格もかなり安い部類です。

それでも女性の耳には少し大きくて痛いかもしれませんが、その場合は耳に浅めに入れるか、ハサミで切って細くすることで調節してみてください。


【使い方】

さて、それではHSPのみなさんが疲れた神経を効率的に休めるための、耳栓の使い方ですが、

許される間はできる限り耳栓をしていてください(笑)

はい。シンプルにそういうことです。

出来る限り、耳栓をしておくのです。

そうは言っても会社で耳栓をするわけにはいかないとは思いますが、もし耳栓することで支障が出ない仕事で会社の許可を得られるならば、やってみることをお勧めします。

(私のクライアントさんの中には、会社で使っている方もいらっしゃいます)

会社が難しければ、家に帰ってきたらすぐに耳栓して、寝てる間もしたままでいることを試してみてください。

私はこれを書いている今も耳栓をしています。

耳栓をしてみると分かるのは、普段意識していなくても耳は常に周りの音を察知して気を張っているということです。

それは例え静かな部屋で、物音1つしていない場所であったとしてもです。

音が無くても「音がするかもしれない…。」と、耳の神経は気を張っているのです。

耳栓をすると、それを人為的にOFFにしてあげられるので、その分は神経を休めることができます。

同じ睡眠を取るのにも、耳栓をして寝るのとしないで寝るのでは目覚めのスッキリ度合いに違いが生じます。

是非、睡眠中の耳栓も試してみてください。

ただし、目覚まし時計の音は大きめにしてくださいね(笑)

まずは休日前などに試してみることをお勧めします。

ではでは。皆さんのお役に立てば幸いです。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

こちらは毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

それ以外にも、

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。
posted by ms at 01:04| Comment(2) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

夜に深く自分とつながるために

みなさん。こんばんは。

メリークリスマス!(って、実はもう26日ですけど…)

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

私は今週の23日にセミナーTools3を終え、あとは残すところ数回のカウンセリングで仕事納めとなりそうです。

毎年この時期になると、この時期の雰囲気にリンクしたいろんな記憶が刺激されて楽しくなりますね。

クリスマスのキラキラした世界観や、暖かく湿度を保った部屋の居心地の良さや、ゆっくり映画を観たくなるような夜の感覚や、温かい毛布やスープのある朝とか、年末と年越しへの期待感とか。

私のとても好きな時期の1つです。

そして、今日こうして夜中の4時半(!)にブログを更新しようと思ったのは、こんな時期の深夜にぴったりな曲を作ってくれているharuka nakamuraさんがCDを発表されたからです。

以前、こちらの記事で夜の安らぎに連れて行ってくれるCDとしてご紹介したところ、思いのほか反響があったようで、

Toolsに来てくださった方も、カウンセリングを受けてくださった方も、あのCDがお気に入りだと話してくださいました。

感性の部分で共感し合えるのは、いくつになっても嬉しいものですね。

そのharuka nakamuraさんの新作が、12月24日のクリスマス・イブに発売になりました。



早速買って聴いてますが、前のアルバムにも収録されていた曲が、もっと広がりがあるアレンジで収録されていたり。夜に聞くと、一気に別の世界に運んでいってくれます。

いわゆる癒やしを目的として作られただけのCDには無い、奥行きと世界観を持った音楽ですね。

あるクライアントさんが、インスピレーションで絵を描く時にharuka nakamuraさんの曲をかけると仰ってましたが、とても良くわかります。

おかげで今夜も深い自分とつながっていくような、内面世界に入っていけるような、とても充足した時間をすごすことができました。そして夜中の4時半になりました(笑)

iTunesでは全曲視聴できるようです。よかったら視聴してみてください。

それでは。みなさまの年の瀬のこの時期が素晴らしい時間となりますように。


***HSPプログラムのご案内***

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。お陰様でご好評いただいております。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。

posted by ms at 05:14| Comment(0) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

何事にもすぐに反応してしまうあなたへ

みなさん。こんにちは。

ご無沙汰しております。HSPセラピープログラムを作成し終えてホッとして、一休みしていました。

お陰様で反響を頂き、「人との関わりが楽になった。」「自分で気持ちを楽にすることができた。」など、幾つかのご感想を頂きました。また改めてシェアしたいと思います。ありがとうございます。

自宅で一人で何度でもセラピーをできるという点がHSPの皆様には合っているようですね。
>>HSPセラピープログラムはこちら

さて、今日はセラピー(心理療法)ではありませんが、普段意識するだけで心を楽に過ごせる方法をご紹介したいと思います。

最近私は「7つの習慣」という自己啓発書を使って勉強会を主催しているのですが、その本の中にある重要なテーマの1つが、

・刺激と反応の間にはスペースがある

というものです。

一般的に言えば、例えば「人から痛烈に批判される」という刺激を受けると、「傷ついて落ち込む」という反応が起こります。

その結果「一生懸命やったのに、なんでそんな酷いこと言うんだろう…。」と考えたり、「一生懸命やったのに、どうせ私は能力が無いんだ…。」と落ち込んだり、いずれにせよ自分は被害者だというポジションにとどまってしまいます。

 刺激   →    反応
(批判される)    (傷つく)


と、自動的に反応しているわけです。

しかし、刺激と反応の間には大きなスペースがあり、そこにあなたの自由があると「7つの習慣」のコヴィー博士は言うのです。

刺激 → スペース → 反応

被害者の反応以外にも、そのスペースには沢山の選択肢があり、あなたにはそれを選ぶ自由があるのです。

普通はまず、そのこと自体に気付きません。

何かが起こる→それによって自分が反応する。

そこに選択できる自由があるなどと考えもしないのです。でもそうなると、自分は反応させられるだけですから、主体的に人生を作っていく力など無いに等しいということになりますね。

でも、実はその刺激と反応の間にはとてつもなく大きな自由がある。

これは心理の世界では認知行動療法の主張と重なります。

そのスペースにある自由に気づき、想像力を発揮して選択肢を増やし、主体的に選択して行動を起こすことで、自分を被害者ではなく人生の創造者へと変えていくことができるのです。

とは言っても、もちろん簡単なことではありません。

スペースに気づき、自由と選択を選びとるには、最初は訓練が必要です。

でも意識してトレーニングを積んで、馴れてくると確実に身に付いてくるのも事実です。誰かの発言や振る舞いなどに「いらっ!」とすることが少なくなってきたと、ワークショップの参加者もおっしゃいます。

【チャレンジしてみましょう】

それでは少し考えてみましょう。ここ数日の自分の行動や反応を振り返ってみて、何かの刺激に対して自動的に望まない反応をしている点はないでしょうか?

自分には選択の自由が無いと思って、勝手に被害者ポジションになっている点はないでしょうか?

・パートナーにお願いされた(刺激)ことで「めんどくさ」っと思って不機嫌な対応(反応)をしてしまった。

・部下のミス(刺激)にとっさに怒って(反応)しまった。

・満員電車(刺激)の中で心の中で不満(反応)をいだいた。

などなど。

その出来事を客観的に振り返って、刺激と反応の間に大きな自由と、たくさんの選択肢があるとしたらそれはどんな選択肢でしょうか?

それを選んでいたら、あなたのその後の反応はどう変わっていたでしょうか?

少し考えてみてください。

【HSPに重要な選択のスキル】

HSPである私たちは、外界の強い刺激に翻弄されがちです。

しかし、「人間は主体的に行動し、主体的に選択している時は強い」という大原則があります。

私達は、選択することで刺激の影響を受けずに主体的に人生を作っていくことができるのです。

今日からやっていただきたいのは、自動的な反応に気づいてストップして、一呼吸を置くことです。そして「反応は選ぶことができる。」と心の中で唱えてください。

こうしてまずは、刺激と反応の間にあるスペースを体験する練習をしましょう。

その後、どんな反応を選んだとしても、それは自分の主体的な選択として責任を持つのです。

そうすることであなたは人生に翻弄される被害者ではなく、創造者としての力を取り戻します。

私たちは主体性の大きさに応じて、そして人生に責任を担う大きさに従ってパワーを取り戻していけるのです。

・朝目を覚まして「あぁ〜、朝かぁ。めんどくさいなぁ〜。」←反応して会社の被害者になっています。「ストップ!!! 反応は選ぶことができる。」と心で唱えましょう。そして会社に行かない。会社を辞める自由が自分の中にあるということをしっかり実感して、それでも行くという選択をしようと思ったら、布団から出てください。

・渋滞に巻き込まれて「あ〜イライラするなぁ。付いてないわ〜。」←反応して社会の被害者になっています。「ストップ!!! 反応は選ぶことができる。」と心で唱えましょう。そして被害者としてイライラしていることもできるが、この時間をより有効に使う方法がいくつ思いつくか発想してみましょう。そしてその多くの選択肢の中から自分で納得できるものを選びましょう。

その上で被害者としてイライラしていたいと思ったら、自分の選択として主体的にイライラを楽しんでください。自分の創りだした体験としてイライラを味わうのです。

【より深い理解のために】

今日のお話しを更に深く理解するためには、実際の著書「7つの習慣」を読まれることをお勧めします。

第一の習慣(P123)までを読むだけでも構いません。そこで今日お話したテーマに触れています。

本をおすすめしたいのは、ここの読者であるHSPやエンパスの皆さんは、著者の言葉に触れることで、作者であるコヴィー博士の高い精神性の影響を受けられるからです。

本を通じて著者の人格からくるエネルギーに触れることで、より深くこのテーマを理解することができるのです。

この本の「反応は選べる」というテーマを理解するだけで、つらい過去のトラウマを自己解決された方を私は知っています。

これも単に本の中のアイデアだけではなく、コヴィー博士の高い精神性に啓発された結果だと思っています。

皆様にもおすすめします。

7つの習慣―成功には原則があった! [単行本] / スティーブン・R. コヴィー (著); Stephen R. Covey (原著); ジェームス スキナー, 川西 茂 (翻訳); キングベアー出版 (刊)

7つの習慣―成功には原則があった! [単行本] / スティーブン・R. コヴィー (著); S...

posted by ms at 18:50| Comment(0) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

アンカリングで休息効果を最大化する

HSP(過度に敏感な人)やエンパス(共感しすぎる人)にとって大切なのは、いかに自分の神経を休めて自分をリセットできるかという点です。

仕事を終えて家に帰って来て、翌朝また仕事に行く。

その短い間に自分を意識をどこまで深く休めることができて、神経のストレスを取り除き、リフレッシュしておけるか、そこが勝負です。

そのための技術が無いと、「一日が上手く終わらない。」「常に追い立てられている気がする。」「自分に着地できていない感じがする。」と、そんな感覚に陥ってしまいます。←体験談(^_^;)

ですが今の私は随分と休息が上手くなりました。

ポイントは前にも書きましたが、夜の過ごし方にあります。

暗闇とローソクの火を見る時間を持つこと。その時に静かな音楽をかけることです。

これだけで、脳のモードが変わり、翌朝の頭のスッキリ度合いが違います。

そこで今日は、最近の私の暗闇タイムに彩りを与えてくれている、お気に入りの音楽を紹介します。

このCDにどれだけ癒してもらったか。今ではこの曲がかかると、自動的に心のモードが変わります。

こうやって条件付けによって自分のモードを変えるというのを、心理の世界ではアンカリングと言い、とても大切な武器として有効活用します。

深く落ち着いた休息へと一気にもっていくために、暗闇や炎や音楽、アロマの匂い、パジャマの感触、ソファーの感触など、様々な刺激を使って条件付けしておくのです。

そうするとパブロフの犬のように、この刺激が加わると無意識に児童で休息に入ります。

そのように条件付け(アンカリング)を作っていくと、CDやパジャマやアロマキャンドルが、癒しのアイテムとして生まれ変わるのです。

是非、あなただけの癒しグッズ、パワーグッズを作っていってくださいね。

*************

それでは、私のお気に入りのCDをご紹介します。

HSPの感性にはとても合うと思います。

Twilight / haruka nakamura (CD - 2010)
Twilight / haruka nakamura (CD - 2010)

アマゾンのページでは視聴もできますので、是非聞いてみてください。

空間的な広がりと映像喚起力の高い音楽で、神経を休めてくれます。

この曲がかかると、自動的に深夜の癒しに入って行けます。
posted by ms at 09:46| Comment(2) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする