2017年09月25日

腸内フローラを整えてセロトニンを量産する


「よし!良い仕事をした! 次も良い仕事するぞ〜!」と僕がご機嫌で前のめりに仕事ができているのはたぶん、

最近、家庭菜園のように手塩にかけて育てている僕の中の腸内フローラが、満開のお花畑のようにフッサ〜と元気だからです。

daisies-384584_640.jpg

↑イメージではこんな腸内です。

きっとセロトニンを量産してくれているのでしょう。僕の頭の中も若干お花畑のようです(笑)

ほんとおめでたい。

大切ですね。腸内フローラ。

精神や意識にかなり大きな影響があるように感じています。


僕は仕事で洞察力や明晰な意識が求められることもあり、またヒーリングのようなエネルギーワークでは、エネルギーの純度が問われることもあり、腸の辺りのスッキリ度合いがかなり重要になります。

そこが少しでもどんよりしていると、冴えた意識でのセッションができない。

だから、普段から食事による腸のメンテナンスは意識しています。


頭脳労働をしている人にとってもそうですね。

そして人生を豊かなものにする上でも大切なのことです。


24時間の内のどれだけの時間を、クリアでクリエイティブな意識で保っていられるか。

24時間の内のどれだけの時間を、前向きな情熱とご機嫌さを保っていられるか。

24時間の内のどれだけの時間を、軽い身体で行動力を保っていられるか。


それが仕事や人生の質を決定します。

もし、睡眠以外の起きている時間の全てが、心身ともに軽くクリアで情熱的でご機嫌にいられたなら、どれほど素晴らしいでしょう。

人生がどれほど違ったものになるでしょう。


また、自分が持って生まれた(与えられた)才能をこの人生で100%発揮しているという実感の中に人生の正解感と充足感があるわけですが、

それと同じように、自分に与えられたこの肉体の潜在力を最大限に発揮しようとするところには、正解感からくる深い喜びがあるものです。


人それぞれに与えられた身体は違いますね。

神経が敏感だなー。とか、太りやすいなー。とか、胃腸よ!おまえは繊細か!とか、文句を言いたくなることも多々あるかもしれません。

でも、与えられたものは仕方がありません。


自分の肉体を探求して理解して、そのパフォーマンスを最大化するための自分なりのマニュアルを作っていくしかありません。

そして、あなたの肉体がどれほど個性的であろうと、人より劣っているように思えたとしても、

自分に与えられたその肉体の最大限のパフォーマンスを発揮できているという実感の中には、清々しい充足感と幸福感があるものです。

その清々しさ。充足感。正解感。達成感。幸福感。


そこに、私達が他者との比較を超える道があります。


あなたが何者であろうと、与えられたものを余すこと無く発揮しているという実感の中にいる時、あなたは王です。

自分を誇りに思い、誰かと比較して自分を卑下する必要はなくなります。


精神や心と同様、自分の肉体もマスターして持てる力を発揮させてくださいね。



今日はそのためのアプローチの1つ。

僕が腸内フローラを整えて、起きている間中ずっとクリアでご機嫌な意識を保つために取り組んでいる食生活を紹介します。

参考にしていただければと思います。


*******

【朝】

・ミネラルウォーター(常温) コップ1杯
・バナナ1本
・モリンガ茶

書き仕事して疲れてきたら、

・コーヒー(甘味ははちみつで)

お腹が空いてきたら、

・有機シリアルを少々


【昼】

・野菜サラダ(オリーブオイルをかけて)
・玄米おにぎり1〜2個
・飲むヨーグルト少々
・サプリ3粒

【夕】

お腹が空いたら
・有機シリアル少々
・バナナ1本
・コーヒー(甘味ははちみつで)


【夜食】

・納豆と玄米
・それ以外のおかずは肉なども含め自由に食べる
・サプリ3粒


【夜中】

夜中に活動して夜食を食べたくなったら
・有機シリアル


*******

では説明していきますね。

【朝】

・ミネラルウォーター(常温) コップ1杯

睡眠時の発汗による水分不足を補う意味と、浄化を促進する意味があります。

・バナナ1本

朝は食べない方が体調が良いのですが血糖値を維持する意味と、胃腸を動かすことで体内時計をセットする意味で、消化の負担の無いバナナを食べています。

・温かいモリンガ茶

温かいものを取りたいので、デトックス他さまざまな効果があると言われているモリンガ茶をホットで飲んでいます。


書き仕事して疲れてきたら、

・コーヒー(甘味ははちみつで)

コーヒーは自分にとってはご褒美なので、ある程度仕事が進んでから取るようにしています。

こうやって潜在意識を調教しているのですね(笑)

あと、僕はコーヒーはほのかに甘さを感じられるくらいが好きなのですが、甘味にはグラニュー糖ではなく乳酸菌のエサになるはちみつを使っています。

お腹が空いてきたら、

・有機シリアルを少々

エルサンクジャポン 有機シリアルハイファイバー プレミアム 480g -
エルサンクジャポン 有機シリアルハイファイバー プレミアム 480g -

頭をけっこう使いますので、血糖値が下がってお腹が空いてきますが、ここはまだ胃に重いものを入れずに、そして急激に血糖値を上げないように、

GI値の高い有機シリアルを取っています。

ガシガシと噛めてストレス解消になるのと食べている感があること。

食物繊維が豊富なこと。

血糖値の上昇が緩やかなので疲れにくいこと。

この3点から、僕の生活には無くてはならないものになっています。


【昼】

・野菜サラダ(オリーブオイルをかけて)

生きている生命の氣を感じられるものを食べたいので、サラダを食べています。
意識がクリアになるのが分かります。

自分で作れれば良いのですが、出張先などでは、セブンイレブンの大根サラダを採っています。
この手のカット野菜は賛否両論ありますが、僕の体感的にはOKです。

油分が不足しているように感じたら、オリーブオイルをかけるようにしています。


・玄米おにぎり1〜2個

これも血糖値を上げすぎないこと、消化に負担をかけすぎないことを意識して玄米にしています。
出張中は、納豆巻に変わります。


・飲むヨーグルト少々

でっかいヨーグルトを少しだけ採っています。僕の胃腸はヨーグルトの乳酸菌はあまり合わないようなのだけど、菌の多様性を維持する意味で少しだけ取るようにしています。

このあたり家庭菜園の、土の配合みたいで面白いですね(やったことないけど(笑))


・サプリ3粒

良質な栄養を取りたいのだけど、粗食に抑えているので、足りない分は良質なサプリで補います。

いろいろ模索した結果、このサプリが品質、信頼、効果も含めベストでした。

〔ダグラスラボラトリーズ〕UPX(10) 1/3 スプリット 360錠 -
〔ダグラスラボラトリーズ〕UPX(10) 1/3 スプリット 360錠 -

体重70キロの人で1日24粒摂るように進められているので、本来は僕の体重では1日20粒程度取るべきなのですが、

それをすると、元気になりすぎて眠れなくなったり、意識がギンギンになって困るので、僕は1日に6〜9粒程度にしています。

朝の目覚めなどもスッキリで、疲労感が無くなるとか、便秘が治る方が多いようです。

こちらの商品ページの下の方には良い効果の報告が結構出てきます。

うつのクライアントさんなどにお勧めしているサプリの1つです。


【夕】

お腹が空いたら

・有機シリアル少々
・バナナ1本
・コーヒー(甘味ははちみつで)

基本的に腹5分目くらいを意識しているので、その分、間食は取るようにしています。

でもその後も仕事なので、消化に負担が無いものを選んで、意識をできる限りクリアに保つようにしています。


【夜食】

・納豆と玄米

僕の腸内フローラは納豆菌が合うようなので、できる限り夕食は納豆を食べるようにしています。

・それ以外のおかずは肉なども含め自由に食べる

夕食はルールを決めず、好きなものを好きなだけ食べます。楽しみとしての食事ですね。

ここで潜在意識の手綱をほどくことで、日中はギュッとストイックに締めることができるわけです。

潜在意識のコントロールには締めることと開放することのバランスが大切です。

お酒は飲みません。

・サプリ3粒


【夜中】

夜中に活動して夜食を食べたくなったら

・有機シリアル

食べてすぐ寝るのは良くないと言われていますが、血糖値がある程度高い状態で寝た方が、睡眠の質も高く翌日調子が良くなるなどの説もあり、

僕は夜遅くにお腹が空いたら我慢せずに有機シリアルを取り、血糖値を下げすぎないようにしています。


以上です。


一貫していることは、

満腹にならないこと。

血糖値の急激な上昇はさせないこと。

仕事のある日中は消化に負担をかけないこと。

栄養のバランスを考えること。

腸に良い菌と食物繊維を摂取すること。

です。


そして、こんな食生活をしておきながらたまにマクドとかに行くんです。

そうすると、「悪っ!」って感じのポテトの禁断の味がたまらなく美味しいんです(笑)

整えては、時おり崩す。

たまにはジャンクなものも取る。

良いものだけで甘やかさない。

そんなことを意識しながらやっています。



以上が僕の身体のパフォーマンスを発揮するための食生活ですが、内蔵の消化や吸収の力は個人差がとても大きいものです。

ですので、これは決してみなさんの身体のパフォーマンスを発揮する食事法とは限りません。(多くの人にとっては摂取量が少なすぎると思います)


ですので、参考になる部分は参考にして頂いて、ご自分の体調や意識のクリアさをよく観察して、ご自分にとっての理想の食生活を見つけていってください。


ポイントは食後1〜2時間後の自分の意識、感情、体調、モチベーションを観察することです。


食後1〜2時間後にそれらが高い状態で保たれていれば、その食事はあなたに合ったものです。

いろいろと試してみてくださいね。


あなたが持って生まれた身体が、最大限活躍できますように。



***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 09:13| Comment(0) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。