2017年01月23日

半分冬眠しつつ冬をやり過ごそう

みなさん、こんにちは。

カウンセラーの佐原です。

二十四節気では「大寒」というこの時期。本当に寒い日々が続きますね。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

ベランダの水瓶の水も凍っています。

金魚たちは家の中に退避させていますが、水の底でじっと大人しくしています。

ほんと、こんなに寒いなら僕らももう冬眠で良いんじゃないかな?とか思いつつも、働くんですよね、人間は。

だってみんな働くから、僕も頑張りますよ。止まれない。

でも、

一方で知ってるんです。

人間の脳や神経や内蔵の中には、アメーバから魚類、両生類、爬虫類と続いてきた進化の歴史の全てが入っているってことを。


つまり、僕らは意識では人間でありながら、身体はちょっとだけ魚類であったり、ちょっとだけ爬虫類であったり哺乳類であったりするわけです。

だから、寒い日も人間として頑張って生活を回しながらも、でも内蔵や脳のどこかは冬眠に向かおうとしているんですね。


そんな感じがしませんか?


身体が布団から出たがらないとか、食事もほどほどにして活動を落としていきたくなるような感じ。

気分も無理に上げたくない。


できることなら、でっかいシャケでも抱いて丸くなって寝ていたい…(笑)

それはきっと、あなたの中のヒグマ時代の記憶が、そう言っているのですよ。

世の中的には、年中絶え間なく頑張ることを求められてはいますが、一方でこっそりと、


そのヒグマな自分自身にも優しくしてあげてくださいね。


「寒いけど、頑張ろう\(^o^)/」とかやりすぎると、自然の摂理に反しているので、逆にリズムが乱れてしまいます。

いつも言っていることですが、私達の身体は自然の一部なのです。

自然に属していて、四季を持っています。

そこと戦わずに、乗っていくことが大事です。

冬であるならば、自分の一部分をこっそりと冬眠させながら、求められる仕事はこなしつつ、だましだまし進むのがコツです(笑)

内緒だけど大事なことです。


普段より沢山眠りましょう。


活動的に広げるよりも、内省したり勉強したり内側を充実させることをしましょう。


これは冗談のようだけど本当の話で、例えば解剖学者の三木 成夫氏の著書などを読むと、数億年の進化の記憶を内蔵に有しいてる「人間」というものの違った側面が見えてきます。

内臓とこころ (河出文庫) -
内臓とこころ (河出文庫) -


また瞑想や修行を通じて、精神や身体の理を極めてきたマスター達も同じようなことを言います。

合気道の脱力していつつ素早い身体の動きについて、「みぞおちの辺りに魚類だった頃に持ってた浮袋の名残りの感覚があってね。それを使うんだよ。」とか(笑)


心理療法の世界でも、こういった進化の時間軸を扱うものがあります。


「私はなぜか昔から他人が怖くて、攻撃される気がするんです…。」


「なるほど。では進化の時間軸を遡っていきましょう。どの時代に攻撃された感じがしますか?」


「そうですね…。うーん…。トカゲだった頃ですね…。」


みたいなワークが(笑)本当にあるんです。


流石にクライアントさんに提供する対面セッションでは扱ったことはありませんが、たまにセルフワークとしてやったりします。

これはこれで、また違った感覚と効果を感じることができるんですね。

何より自分の意識を何億年という時間軸へと拡張して、野生の身体意識を活性化することができます。


今の人というのは、前頭葉で思考しすぎて、あまりに人間をやりすぎているんです。逆に言うと動物であることをサボり勝ちなんですね。


だから、たまに魚類になったり爬虫類になってから(つまり前頭葉を休めて脳幹を使うモードになってから)眠ると、疲れが取れやすくなり、心身のバランスが取り戻されていきます。

もっと直感や五感を使って生きることができるようになります。


この爬虫類になるワークは、また近い内にHSPプログラムの会員サイトに掲載しますので、やってみてください。

かなり恥ずかしいワークなので、一人でやってください(笑)


ということで、大寒のこの時期。

なんでこんなに気持ちが上がらないんだ!?とか、

なんでこんなに眠いんだ!? とか、

頑張れないんだ!?などと、思うことはあると思いますが、

どうか自分を責めないでくださいね。

それは、ヒグマのあなたが冬眠したがってるだけです(笑)


その冬眠したがる衝動をたまには満たして楽しみながら、今はだましだまし人間社会の役割を全うしつつ、春を待ちましょう。

そして春になったらまた山から降りて、バシバシとでっかいシャケ獲ったろうではありませんか!


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、眠くて眠くて、寝ても眠いから、ストレスと関係あるのかな、と不思議に感じてましたが、ちょっと謎が解けました。

近頃では、遺伝子にも記憶が刻まれているみたいな仮説があるらしいですが、動物時代の記憶、それはあながち間違いではないかもしれません。
Posted by at 2017年02月01日 09:25
コメントは恐らく初めてかと思います、失礼します。

身体が重く、気持ちも冴えず、ぐったり横になりながらこの記事を拝読して、
「なるほど、冬眠したい気持ちはワガママじゃなくて、自然の摂理に則しているんだね」と、すごく腑に落ちました!

人間生活をがんばり過ぎず、ゆるゆるした気持ちで過ごしていきたいです。
Posted by 夏目 at 2017年02月04日 15:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446219898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック