2016年11月28日

引きこもりは至福の時間

みなさん、こんにちは。カウンセラーの佐原です。

もうすぐ11月も終わりですね。

本格的に寒くなって来ましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


僕は東京出張から大阪に帰ってきて、大切なイベントを1つ終え、そして今週こそはゆっくりしようと、気持ちを引きこもらせようと、たくらんでいます(笑)


引きこもりは最高ですね。


今日は誰にも会わずに天才心理療法家ミルトン・エリクソンの本をじっくりと読み進めて心に滋養を与えたり、

今は暗闇にローソクの火だけを灯してゆっくりと文章を書いたり、心を遊ばせたりと、静かな時間を過ごしています。

お供となる音楽はamazonプライムミュージックで選び放題なので、良いですね。

最近の引きこもり時間のお気に入りのBGMはノラ・ジョーンズです。

スクリーンショット 2016-11-28 0.56.55.png

力が抜けてて良いんです。

で、音楽をかけているのに、なぜか耳栓もしています(笑)

耳栓をすると本当にざわついた神経が休まります。

今は耳栓越しに聞こえてくるくらいのかすかな音楽が心地良いんですね。

このゆったりとした内向の時間。引きこもりの時間が至福です。


僕にとってはこの夜の引きこもりの時間を最高に輝かしいものとするために、昼の活動があると言っても良いくらいです(笑)

それくらいに必要な時間なんですね。

これは以前の記事で書いた、自分の響きを取り戻すための時間です。

>>『自分の中の響きに従う』

逆にこの時間が取れないと本当にきつい。


あ、そうそう。

今こうして僕が書いていることが「分かる!」と思う方は、例えば異性とお付き合いする際、あるいは結婚する際、

ちゃんと自分のこの性質をパートナーに伝えてくださいね。


「自分はどうしても一人で過ごす時間が無いと、おかしくなってしまう生き物なんです。」って(笑)


ちゃんと説明しないと、同じような感覚がない人にとっては、蔑ろにされているように感じて悲しませたり、恨みを持たれたり、

またその恨みによってせっかくの引きこもりの時間も、気持ちがパートナーの方に引っ張られたりして、良質な時間ではなくなってしまいます。

なかなか理解してもらえないかもしれませんが、それでも気長に説明してください。いつかきっと理解してもらえます。


自分の性質を理解すること。

それを言葉で上手く伝えること。

どちらも大切なんですね。


そして、それをちゃんと理解してくれるパートナーと一緒になってください。

お互いの異質さというものを、解消しようとせずに異質なまま同居させられるのって、成熟した関係だと思うし、素敵なことですよね。

そんな関係を築いてください。

焦らずゆっくりと。


僕はこうして、静かに一人で暗い部屋で心を遊ばせていると、自分の響きが取り戻されて、それが心の中に満ちてきて、

ある時にパカっ!て心の中で小さな箱が開くんです。

引きこもってしばらくして安全だと感じると、開く。

で、心の中が静かに一人でウキウキしている。

すると「あ、そうだ、あれをやろう。」って、心の深いところからアイデアや方向性が生まれてきたりする。

で、そういうアイデアはだいたい上手く形になるんです。


逆に昼の賑やかな人間関係や響きが揺らいでいる中で、これやろう!って思ったことはまだ腹落ちしていなくて、

ちゃんと夜にもう一度自分の響きに戻して、自分が根っことつながった状態になって吟味してみる必要がある。


それは本当に自分の根っこに根ざしたアイデアなのか、単に誰かの想念をキャッチしたものではないのか。

そうだとしたら、改めて自分の根っことつなぐことはできるのか?


そうやってちゃんと静かな夜を通過させないと、人生が誰かの雑多な想念や思いつきによって作られていってしまうんですね。

人生が整わないんです。


だから、僕は毎晩できる限りひきこもっています。

みなさんも疲れたなって思ったら、夜は暗闇にローソク。音楽に耳栓。そして引きこもって心を遊ばせてみてくださいね。

自分の響きを取り戻して、また明日から進んで行く元気が取り戻されると思います。

「元気」って、その人の「元」の「氣」の質ですからね。

そして実は人は日々いろんな人の想念の中で生きることで、たくさんの邪気を蓄えて重くなっています。

ローソクの火はその邪気を燃やして浄化してくれるんです。

だから、澄み切った「元」の「氣」に戻りやすいんですね。

毎晩、あなたの自身の「元」の「氣」に戻ってから眠りましょう。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

こちらは毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

それ以外にも、

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 01:23| Comment(1) | TrackBack(0) | HSP(繊細すぎる人) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HSPというものを知り、佐原さんのブログを見つけて、自分のこと、今までの人生のことがストンとお腹に落ちてきたようでした。
ブログ、読ませていただいています。中でも「柔らかい優しさ」のお話はとても私自身とリンクして、あれを読んで忘れていた本当の自分を思い出し、やっと取り戻せたような気がしました。今は心がスッキリしない時、佐原さんのブログを読んで心と自分を整えるヒントをいただいたりしています。本当に感謝です。
私もHSPである自分を理解してからは、引きこもる時間や自分とちゃんと繋がる時間がどれだけ大切か実感しました。
これからも、更新楽しみにしています。
Posted by cask at 2016年12月16日 15:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック