2013年02月15日

潜在意識が拗ねていませんか?

目標を設定して日々の細かいタスクを管理して、自分を仕事に駆り立て続けたり、ポジティブシンキングで自分の気持ちを高め続けていると、ある時、心の奥底から、

「ふん! もう嫌だ! 寝る!」というような感覚が出てくることがあります。

これは潜在意識が拗ねてしまった状態ですね。

「おいおい! フテ寝かよ!(笑)」とツッコミたくなりますが、潜在意識の精神年齢は6歳くらいだから仕方がないんですね。(で、私は寝ます(笑))

目標設定やポジティブシンキングも悪くは無いのですが、一方で上手に潜在意識を褒めたり甘やかしたり、おだてたりしないと、長期的な協力は得られないのです。

自分にムチを打って進んだり、無理なポジティブシンキングを取り入れても、2、3日もすればやる気が無くなってくるのはそのためです。

・潜在意識との仲を愛あるものへと日々深めていく

これは、みなさんに意識していただきたいとても重要なテーマです。

「潜在意識」に関する本はたくさん出版されていますが、そのほとんどは潜在意識を無限の力をもった道具のように理解して、「どう利用するか?」という点にばかりフォーカスされています。イメージ力を使って願望を引き寄せようとしたり、目指す未来を体感したり。

それは1つの方法ですが、本質ではありません。

「潜在意識と愛に満ちた信頼関係を築く」という、最も大切な鍵を見落としてしまっています。2,3日はうまくいっていたように感じても、ある時、拗ねた潜在意識によって大きなしっぺ返しを食らうのです。

潜在意識は道具ではありません。ちゃんと人格をもっているのです。

そして、幸せ感やウキウキ感といったものも潜在意識が作り出すエネルギーなので、幸せを実感する上でも潜在意識といかに仲良くなれるかが重要なのです。

潜在意識としっかり仲良く信頼関係を築けているといつもウキウキと幸せです。

少々仕事が忙しくても「今はしっかり頑張ってくれよ〜。終わったらおもいっきり遊ぶ時間を取るからね〜!」とメッセージを伝えると、潜在意識は驚くほどのパワーを発揮して協力してくれます。

更に仲良くなってくると、「明日6時に起こして!」と伝えておくと、5時59分50秒くらいに勝手に目が覚めて意識もクリアな状態でスタンバイしてくれたりします。

準備が出来てないプレゼンテーションを不安に思っていても「本番たのむぞ〜!」とお願いすると、人前に立った瞬間に勝手に頭が回転しだして、口が勝手にスラスラと喋り出したりします。自分の思っている以上に出来の良い結果が出て驚かされます。

自分が頼もしい。

というより、潜在意識が頼もしい。

そして、終わった後は、潜在意識を褒め倒します(笑)「おいおい!凄いじゃないか〜。驚いたよ! お前やるなぁ〜(・∀・)」と愛情たっぷりに自分の身体に声がけをして、時には身体をさすってあげます。

そうすると潜在意識=身体は、温かい感覚と幸福感を作り出して、その声に応えてくれる。

2人の絆が深まる。

こうして、自分というものを、「意識=自分」と「潜在意識=6歳の子供」の二人三脚で生きているものだと捉えると、自分のメンテナンスの方法も、自己啓発のスタンスも変わって行きます。

頑張り方1つ取っても、潜在意識が悲鳴を上げてるのに無理なポジティブシンキングで走ったりするようなことをしなくなります。

無理に頑張ったとしても「意識」の頑張りで習得できることなんて本当に微々たるもので、翌日反動が来ることがわかっているからです。 効率が悪いのです。

潜在意識という、私たちの脳の99%以上を司っている自分の中のもう一人の自分。その6歳の子供と仲良くした方が遥かに成長は早いし、良いパフォーマンスが出せるのです。

こうして見ていくと、世の中には2種類の生き方が存在していることに気付きます。

潜在意識に助けられながら自分の期待以上の結果を受け取るような生き方と、拗ねてしまった潜在意識のワガママに翻弄され、潜在意識によって人生を破壊されては修復に奔走するような生き方です。

どちらも潜在意識という強大な力を有していることは同じなのですが、マネジメントの仕方によって結果は180度異なるのです。

あなたはどうでしょうか?

・あなたの潜在意識(6歳)は、あなたに愛されていると感じているでしょうか?

・あなたの目標に協力的で友好的な感覚でいてくれているでしょうか?

・今、あなたの潜在意識(6歳)は何をして欲しいと言ってるでしょうか?


もし、潜在意識があなたに対して怒りを感じていて、「もう温泉でも行って、一日中自然の中でぼけ〜としてたいわ!」と言っているのならば、今やってる勉強も仕事もほっぽり出して、温泉に行くことの方が実は目標達成の最短ルートだったりします。(これは難しいけど真実です)

愛と敬意とユーモアを持って潜在意識(6歳)に接することで、二人の間に強く揺るぎない絆を作っていくこと。

これが自己啓発の極意であり、自尊心を育む勘どころでもあります。

あなたも今日から潜在意識と仲良く過ごすことを心がけてみてください。

きっと、自分の力の大きさに驚かれると思いますよ。

**********

温かくなったら(春か夏あたりに)「潜在意識活用セミナー」をやろうと思っています。

潜在意識との関係を深められると、それが仕事や目標達成だけではなく、自分の感情のマネジメント、人間関係や恋愛にもとても大きな力を発揮できるようになります。

そういった考え方や実際的な技法を伝えて行ければと思います。

またこのブログにも案内しますので、ご期待ください。

***ご好評頂いております***

「自分の心の声を知ったら、胸がスッと楽になった。」

「過去のトラウマ的な体験を思い出しても感情が出てこなくなった。」

「仕事のストレスを家で解消できるようになった。」など、

HSPプログラムがお陰様でご好評いただいています。イメージや身体感覚を使って、自分の扱い方を習得しましょう。フォカーシングという技法は、潜在意識と仲良くなる上でも基本となる重要な方法です。

>>くわしくはこちら

それでは、今日もありがとうございました。
ラベル:潜在意識
posted by ms at 11:34| Comment(5) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに昨日、もう一人の自分が「ふん!もう嫌だ!寝る!」となったところでした(笑)
ある方からこのブログを紹介していただいて、これはじっくり読まなければ・・・と思っております。
(自分のためにも、息子のためにも)
セミナーなどにも参加できればいいのですけど・・・
地方なのでムズカしいでしょうか。。
    
まずは、このブログを発信してくださることに感謝申し上げます。
     
Posted by joga子 at 2013年03月01日 09:35
長時間集中して仕事をしていると、電池が切れた様に何もできなくなる時があるんです。いつもじゃないんですが...。遊びたい、休みたいという潜在意識の要求を完無視しちゃってたからなんですね。ご飯も食べずに延々やっちゃう生活習慣も問題なのですが「(゚ペ)
これからは駄々っ子を無視する様に扱わず、伴走者として大事にしていこうと思います。
ありがとうございました。
Posted by nakashima masayoshi at 2013年03月08日 09:41
joga子さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

ええ〜。ご紹介頂いたんですね。嬉しいです。励みになります。

そうですね。セミナーとなると今のところ大阪になりますが、ブログでもできるだけお伝えしていこうと思っています。

今後共よろしくお願いします。
Posted by 管理人 at 2013年03月29日 20:27
nakashima masayoshiさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

そうそう。そういう時ってありますね。

昨日は上手くいったのに、今日は全く言うことを聞いてくれないみたいな時(笑)

小さな子どもと一緒にやっていきましょう。

今後共よろしくお願いします。
Posted by 管理人 at 2013年03月29日 20:29
今までずっと頑張ってきたけど、ここ1年ほどどうしても努力できなくて困っています。

いろんなブログを読んだけど、この記事がとてもストンと腑に落ちました。

ありがとうございます!機会があればセミナーを利用させていただきます。
Posted by トーマス at 2017年12月22日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: