2013年01月17日

時には技術の問題にしてみよう

HSPや内向型の方は自分の敏感さに生きづらさを感じていらっしゃいますが、その多くは対人関係の問題として現れます。

・仕事の話はできるけど、何気ない雑談ができない。

・周りのノリについて行けず、場を白けさせてしまう。

・初対面の人と話が続かない。


これらはカウンセリングに来られる方に多い相談の1つです。

これを読んでいる皆様の中にも、「そうそう!それ!」と膝を打ちたくなる方が多いのではないでしょうか。

何を隠そう私もそういう時期がありました。

初対面の人と一緒になると、何を話していいか分からないので、ひとまず相手にしゃべってもらおうと質問を投げかけてみる。

でも、広げられず…(-_-;)

「最近面白いことあった?」と相手から聞かれても、

何も思いつかず…(-_-;)

気まずい沈黙…。

そして、家に帰って一人になると、ドッと疲れが出る。

自分はなんてつまらない人間なんだろう…と、猛烈な自己嫌悪と後悔が押し寄せて消えてしまいたくなる。

この生きづらさ。

カウンセラーとなって驚いたことには、同じような悩みを持ってらっしゃる方が非常に多いのです。毎日のように、そんな悩みをお持ちの方がカウンセリングに来られます。

そして、こうおっしゃいます。


「人見知りは治るでしょうか?」「性格は変えられますか?」


でも、ちょっと待って下さい。

その状態を「人見知り」や「性格」と捉えてしまうのは危険です。

「人見知り」という言葉だけではなく、このブログでは「HSP(過度に敏感な人々)」や「エンパス(共感しすぎる人々)」「内向型」という言葉を紹介してきました。

そういった新しい言葉は、自分の性質を知ることで対策を立てたり、自分の性質を受け入れる上では非常に役立ちますが、一方でレッテルを貼ることで可能性を奪ってしまう側面もあります。

ですので、

時にはそれを「人見知り」や「HSP」や「エンパス」といった性格、性質の問題ではなく、

単なる技術の問題としてみることも大切です。

【もしあなたが話の達人になったら】

カウンセリングの際に、私が必ず尋ねる質問があります。

「最近、印象に残っているエピソードをなんでもいいので教えて下さい。」

そう尋ねると、ほとんどの方は、

「温泉に行って楽しかったです。」

とか、

「映画を見に行って面白かったです。」

といった、一言で返って来ます。

そこで「どう楽しかったのですか? もう少し広げてください」と突っ込んで聞いてみると、

「う〜ん。」と詰まってしまいます。

楽しさを伝えるための話題の切り口や、エピソードが出てこないのです。

正確に言うと、出てこないというよりは、そもそも記憶を言語化してエピソードとして語るというような頭の使い方に慣れていないのです。

実は、エピソードを語るというのは、脳にとってとても高度な働きです。

出来事の記憶にアクセスして、面白い部分や重要な部分を選んで(それ以外を削除して)自分の感情にもアクセスして的確な言葉を選び、事実と感想を構成して言葉の抑揚とともに声に出す。

それらのことを一瞬で行なう必要があるわけです。

話すのが好きな人は、日常的にそういった頭の使い方をしてきていますので、鍛えられています。

でも、自分を人見知りだと自認する人の多くは、人と話す機会が少ないので、まず間違いなくこの脳機能が衰えています。

ですので、まずいろんなエピソードを作ってもらう脳トレ・メニューをお伝えして脳機能を活性化してもらいます。

そうすると頭がフル回転して、おでこの辺りがピリピリするとおっしゃいます。

そして、人によってはこういった訓練だけで「口から勝手に言葉が出てくる〜。」というくらいに話せるようになるのです。

それ以外にも、

・初対面の人に質問をする技術。

・相手の答えを広げる技術。

・自分の体験を面白おかしく語る技術。

・褒める技術。

・共感する技術。

などの全てを習得したとたらどうなるでしょうか。

想像してみてください。

今のあなたの性格はそのままに、もし初対面の人と話す技術には絶大な自信があるとしたら。

相手からどんな答えが返ってこようと、それを広げて話題を続ける自信があるとしたら。

あなたはどんな風に日常を過ごすでしょうか?

どんな風に感じるでしょうか?

もしかしたら、私たちは武器も持たずに戦場に出て行って、敗退を繰り返しては、それを性格の問題にしてきていたのかもしれません。

一方ではHSPとしての対処法を身に付けつつ、心や感情を癒しつつ、もう一方ではこの世界を渡り歩くための武器を磨く。その両方の努力をして行きましょう。

大丈夫です。

HSPであろうとエンパスであろうと、内向型であろうと、のびのびと自分の性質を生かして人生を楽しむことは可能です。

***ご好評いただいております***

「翌日から楽になった。」

「会社でのストレスに強くなった」

「心が楽になった。」など、

HSPプログラムがお陰様でご好評いただいています。イメージや身体感覚を使って、自分の扱い方を習得しましょう。

>>くわしくはこちら


posted by ms at 11:42| Comment(2) | 会話が苦手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして。もしや,コミュニケーション下手,生き下手です。すみませんが少しでも理解に繋げるように努力をします(^^)
Posted by ゆうまん at 2013年03月29日 22:58
ゆうまんさん

ブログ読んで頂いてありがとうございます。

はい。スポーツだと思って技術を磨いて行きましょう。
Posted by 管理人 at 2013年04月25日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。