2012年07月31日

HSPが習得すべき心理スキル

みなさん。こんにちは。

夏真っ盛りですね。いかがお過ごしでしょうか。

このブログもお陰様で好評を頂いておりまして、記事数はまだ20に満たない状態ながらも、1日のアクセスが500を超える日が出てきています。

書く側としては、これほどの励みになることはありません。
いつも見に来て頂いて、ありがとうございます。

また逆に言うと、それほどHSPやエンパスなど、自身の敏感さに生きづらさを感じてらっしゃる方が多いということですね。

メールでカウンセリングのお問い合わせなどもいただくのですが、私のカウンセリングルームは大阪にあり、現在はスケジュールの空きも少ない状態です。

また何回か通っていただく必要があるために、金銭的にもなかなか実現が難しい方が多い状態です。

そこで、情報として提供できるものはこのブログで提供しつつ、対面セッションで、私が誘導して行う心理療法などは、CDプログラムとして提供できないかと考えています。

HSPやエンパスの方が生きる上での必須スキルとして、なんとしてでも習得していただきたい技法が3つあります。

1)フォーカシング

前に記事として書きましたが、(記事1 記事2) 自分自身の感情の処理、わだかまりの処理が日常的にできるようになると、生活がかなり楽になります。

2)意識のクリアリング技法

1日が終り、眠りに付こうと思っても神経が高ぶったままなかなか眠れない方が多いものです。そこで神経を鎮めて良質な睡眠を取るための、意識のクリアリングをマスターしていただきたい。いろんな心のザワつきを翌日に持ち越さないためにも重要です。

3)対人緊張を解消するワーク

職場や学校で苦手意識を持っている相手に対して、拒絶感や対人緊張の反応消すためのワークです。繰り返し行なっていると、潜在意識が教育されて、人に対して怖気づくような反応が和らいで行きます。

以上3つです。

これらは基礎的な技法ですが非常に効果が高く、私もいまだに使うことがあります。

そして、単にカウンセリングに来て、カウンセラーの誘導で一回体験できたら良いというものでもなく、何度も何度も使い込んで、自分の持ち技として習得して欲しいのです。

ですので、CDや音声ファイルで何度も繰り返し練習できるというのが理想的ではないかと思っています。

HSPやエンパスで悩んでらっしゃる方に必要なのは、

まずしっかりと自分の性質を理解すること。

そして自己理解が進めば次にしていただきたいのは、この社会で気分よく生きていくために必要な、心理スキルを習得すること。

それによってこの世の中を楽に渡り歩けるようになって欲しい。皆さんが持つ繊細さゆえの感性と才能をこの社会に還元していって欲しい。

そう願っています。

仕事の合間にコツコツと製作していきますので、いつになるかわかりませんが、必ず形にしたいと思っています。

ご期待ください。

※10月に完成しました。
音声誘導を使って心理スキルを修得する。HSPセラピープログラムはこちら


posted by ms at 12:34| Comment(0) | 自分を変える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。