2012年06月19日

優秀さを隠して生きるということ

みなさん、こんにちは。

梅雨だというのに台風が到来するそうですね。みなさんの地域は大丈夫ですか?

被害無く通り過ぎますように。

さて、先日はHSP(過度に敏感な人)としての私の体験とともに、これを見ている皆様の体験も募集したのですが、早速ご投稿頂きました。

素早いレスポンス。嬉しいですね。ありがとうございます。

こうやって、たくさんの方の体験が集積されていくと、HSPとして生きるということの標準的な姿が見えてくると思います。

そして、それは決して辛いばかりでは無いと思うんですね。

お役立ていただけたらと思います。

それでは、頂いたあずみさんの投稿。以下は転載です。

【あなたが最初に人と違うと感じたのは?】

管理人さんと似ていますが・・幼稚園の頃だったと思います。
一番強烈な記憶は、幼稚園の頃、なかなか子供たちが静かにならず、先生が怒って(多分本気で・・)部屋を飛び出してしまったことがありました。
他の子供たちは騒然となっていましたが、私は先生のイライラが分かったような気がして、見捨てられたのではないかと思って、一人で大泣きしました。

【大変だったり、苦労した点は?】

これはエンパスやHSPと直接関係あるのか分かりませんが。
塾や習い事を始めると、先に習っていた人や先輩よりも早く上達することが、たびたびありました。
子供ながらに居心地が悪くて、試験に合格してどんどん上の級に上がったり、先生に褒められることを苦痛に感じるようになりました。

中学生頃になると、わざと間違えたり、わざと下手なふりをするようになりました。

アルバイトを始めるようになると、仕事を覚えるのが早く、すぐに「即戦力」と見られるため、店長や上司に気に入られやすかったです。
社員にならないかと誘われたことも、何度かありましたが・・特に好きな仕事ではなかったため、いつも断っていました。

自慢をしているように思われるかもしれませんがー私は、「普通」に見える周りの人がとってもうらやましく感じていました。

【逆に役立った点は?】

社会人になってから、ようやく役に立つようになった気がします。

エンパスであるだけでなく、性格が几帳面な方なので、細かい作業には向いていると思います。
一人で黙々と作業をするのも向いているように思いますが、割とグループの中で仕事をする時にもHSPの細やかさが発揮できているようです。

間違いがないか何度も確認が必要な作業や、グループの中で困っている人がいないかを見つけるのも得意なので、そういう能力に助けられることもあります。

【どんな仕事をしていますか? 性質は役立っていますか?】

今の職場では、上司は全体的なことを見守り、私は細かいことを確認し、上司に報告をするという役割分担ができてきたので、楽です。

対人支援の仕事なので、人と人の間に入ってしまって気疲れすることもありますが。
人には見えない点に敏感に気づいたり、見落としや細かいミスに気づく性質は、役に立っていると思います。
また、人の言葉の裏にある感情を拾ってしまうので、苦労することもありますが、仕事に生かせる部分もあります。難点は、人に、自分の拾った感情や感覚を説明できないことです。

【同じ性質を持つ人にメッセージ】

子供の頃は本当に違和感ばかり感じていて、学校や集団がとても苦手でした。
私も無理に合わせようとしてうまくいかず、普通であろうとすることが難しくて・・ずっとずっと生きづらさを感じてきました。
周りの人が皆、気楽そうに見えて、自分だけが複雑な人生を歩んでいると思ってきました。

それでも、大人になり、結婚をして、今は人を支援する仕事で、自分の繊細さを発揮しています。

10年前の私には、今の自分は想像できませんでした。
何か大きなきっかけがあった訳ではないですが、出会った人や、色々な仕事での経験(挫折も含めて)が全てようやく実を結んだという気がします。

*****転載終わり*****

いかがでしたか? とても興味深いですね。

やはり自分の性質を扱い方がわからない子供の頃は苦労されていますね。それが10年前の自分には想像もできない世界に来ているということです。その点は希望が持てますね。私も同じです。30代になってとても楽になったように思います。

HSPは敏感な分、優秀な方も多く、周りより目立ってしまうことにストレスを感じる方も多いようですね。

海外では「背高ポピー症候群」と言って、周りから頭が出て目立たないように、自分を抑制してしまう心の特徴に名前が付いています。

でも幼少の頃は、それでいいと思うんですね。全体を見渡して、周りとのバランスを取る。それは社会性という能力の鍛錬になっていたと思います。それが大人になって社会に出ると、逆に思う存分能力を発揮するように求められる。

自分が発揮したいと思った大きさのステージが用意される。それはとても清々しいものです。

あずみさん、ありがとうございました。

繊細さという自分の能力を上手に守り抜いて、社会に出てから世の中に役立てていく。HSPの人生の1つの成功パターンを見せていただいたと思います。

【あなたの体験をブログで紹介させてください】

もしよろしければ、これを読んでいるあなたの経験もお話しいただけませんか?

HSPやエンパスという体験を乗り越えたり、今現在その才能を役立てられている方。

あなたの経験が今苦しんでいる方の希望となります。

先の私と同じようにインタビュー形式を使って頂いてもかまいません。質問を増やしていただいても、減らしていただいても構いません。

インタビューではなく自由形式でも構いません。

このブログで紹介させて頂きます。

投稿はこちらの「お問い合わせ」へ

*****インタビュー質問集*****

※ コピー・ペーストして使ってください。

※ 質問を作っていただいたり減らして頂いてかまいません。


【あなたが最初に人と違うと感じたのは?】

【大変だったり、苦労した点は?】

【逆に役立った点は?】

【どんな仕事をしていますか? 性質は役立っていますか?】

【性質がプラスに転じたターニングポイントは?】

【今現在は?】

【同じ性質を持つ人にメッセージ】

投稿はこちらの「お問い合わせ」へ
posted by ms at 13:00| Comment(6) | HSP体験集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HSP診断100点でした
毎日が辛いです な誰に対しても常に気をはっていて
大変傷つきやすくて
周りは私を面倒だと言います
このブログのように才能もありません 色んな事にきをつけてるのに何をやってもうまくいきません
自殺未遂も繰り返しています
もう楽になりたいです
HSPのことは今日知りました
でもだからって性格はそう簡単には治りません
私はもう生きる事を諦めたいです
Posted by たまごやき at 2012年07月26日 22:19
たまごやきさん

こんにちは。大変お辛い状態なのですね。
心中をお察しします。

HSP診断で結果が出ていますが、もしかしたら過去に何かトラウマがないでしょうか?

いじめだったり、虐待だったり、言葉の暴力が続いたり。

たまごやきさんの症状は、HSPという神経の敏感さではなく、トラウマを受けたことによる人に対する過剰防衛の可能性があります。

その場合だと、しっかりとカウンセリングや心理療法を受けて、時間をかけて直していくことを意識してください。

生きづらさを抜け出す可能性はあります。
Posted by 管理人 at 2012年07月27日 09:07
管理人さん返事ありがとうございます。
過去にそのようなことはないです貧乏だけど大変幸せな家庭に生まれました
家族も仲が良いです
友達や人間関係も良好です
私は大変幸せだったのに何故だ何故だと

でも過剰防衛と関係もあるのか、カウンセリングが苦手です
何度もチャレンジしましたが
他人に自分の事を話すのが嫌で話す意味も理解できません
Posted by たまごやき at 2012年07月27日 13:23
たまごやきさん

こんにちは。
そうなんですね。過去に特にトラウマ的なものが無いのに、防衛反応が出ているということですね。

遺伝的に敏感なHSPなのか、あるいはセロトニンなどの安心の脳内物質が少ないのか。

はたまた、認知(捉え方や思考パターン)に原因があるのか。

いろいろ考えられますが、生きるのを諦めるくらいなら、ダメ元でもいいから幸せになる方法を模索してくださいね。

普通のカウンセリングはただ話を聞くだけで、あまり効果を実感できなかったと思いますが、例えば認知行動療法などのカンセリングはもっと実践的で、さまざまな技法があるので、お勧めします。

たまごやきさんが、楽に生きて行けますように。
Posted by 管理人 at 2012年07月30日 11:55
【あなたが最初に人と違うと感じたのは?】
人と話してると楽しくても、その後一人になると疲れている事に気づきます。みんなこうだとは思わないからです。
【大変だったり、苦労した点は?】
昔から割と何でも出来てしまう方で、目立っていたと思います(学級委員長や生徒会役員やピアノ伴奏やスポーツなど)。しかし、何故か自分に自信が持てず(周りの目が気になって)、親からは「もっと自信持ちなさい」と言われ続けてきました。人からは天然とも言われ、笑ってごまかしますが、実はかなり傷つきます。
神経質なため、受験ノイローゼになりましたが、自殺などはしようと思ったことはありません。
社会人になると、商品企画の仕事なのですが人前で話すプレゼンが苦手で、とてもわかりやすく声が震え、とても恥ずかしいです。また、顔がすぐ赤くなります。
また、新しくできた友達とは相手にもよりますが何回も(10回くらい?)会わないと緊張が解けず、顔がこわばり、気持ちと裏腹な自分に憤りを感じています。
【逆に役立った点は?】
同じように繊細な友達の気持ちを察することができたときは嬉しかったです。
また、割と上司の気持ちを読み取るのが得意なように思います。
【どんな仕事をしていますか? 性質は役立っていますか?】
上記の通りです。役立ってはいないと思います。
【性質がプラスに転じたターニングポイントは?】
まだ無いように思います。とても行き辛さを感じることがあります。
【今現在は?】
大分自分のことが分かってきている点で、気が楽です。何度か変わろうとしましたが、無理でした。
【同じ性質を持つ人にメッセージ】
とても生きづらい思いをされているとお察しします。が、行きやすくする方法はあると思いますので一緒に頑張りましょう。
Posted by なんだか at 2014年06月30日 00:59
なんだか様

こんにちは。
アンケートにお答えいただきありがとうございます。

とても繊細で、それゆえの才能をお持ちだけど、あがりなどがネックになっている状態ですね。とてもよくわかります。

このタイプの方が、そういった恐怖感を克服されると、ブレークスルーが起こりますね。

応援しています。

このアンケートも沢山の方の参考になると思います。
ありがとうございました。
Posted by 管理人 at 2014年07月01日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: