2015年07月02日

梅雨の邪気を浄化しよう

みなさん、こんにちは。

梅雨ですねー。いやはや梅雨です。いかがお過ごしでしょうか。

毎年この時期になると私は、しっぽを掴まれた孫悟空(ドラゴンボール)のように、身体がへなへなになってしんどくなるのですが、

それは私だけではないようですね。

「しんどい。」「だるい。」「力が入らない。」「うぅ…。」とおっしゃってるクライアントさんが本当に多いのです。

これは雨による気圧の影響だろうと思って、時間ごとの気圧の変化が現れるiPhoneアプリをダウンロードして、自分の体調と気圧の相関関係を観察していました。

IMG_0844.PNG
iphoneアプリ『頭痛ーる』

気圧が下がった時の体調はどうか?

身体が軽かった時間があったけど、その時の気圧はどうか?

そうやって自分を観察し続けた結果、

「気圧」と「だるさ」は関係あるような無いようなよく分からない関係だということが分かりました…(笑)


気圧が上がっていてもだるい時もあれば、下がり気味でも比較的楽な時もありますね。

ただ確実に言えるのは、995hpaを下回るような低気圧では、確実に身体は重く感じるみたいです。


梅雨のだるさは、それ以外にも日照時間の不足によるものや、湿度の影響など、いろいろと関連しているようですね。

で、ここからは完全に私の個人的な感覚なのですが、この梅雨のしんどさにも2種類あって、

1つは単に力が入らないような、まさに尻尾を掴まれた孫悟空のようにヘナヘナした状態になるものです。

これに関しては、無理に頑張ろうとせずに、淡々とできることをやってやり過ごすしかありませんね。


そしてもう1つは、身体と心に暗雲が立ち込めたような、どんよりとした重さを伴うだるさです。

この感覚には注意が必要です。

気圧が上がっても、その重さはなかなか解消されなかったりします。

自分の身体に何か重いものがぎっしりと詰まっているような感覚。

これはいわゆる邪気の影響ですね。


梅雨は太陽の浄化の力が弱まるので邪気にやられやすいのです。

神社でこの時期に『夏越の大祓』を行っているのにも、意味があるのです。


このような症状になった時、個人的に一番効果を感じるのが、HSPプログラムに収録している「意識のクリアリング」です。(宣伝みたいになってすみません…。)

この方法を使って、自分の身体の中や周りに詰まっている重さをどんどん浄化して行くと、

嘘みたいに身体から重さが抜けて行き、20回くらい繰り返すうちに、憑き物が取れたみたいに身体が軽くなるのです。

犬を観察していると時折ブルブルと身体を震わせて、何かを発散していますね。

ああいうことって、人間にも必要なんですね。


クリアリングをしていると、時折勝手に身体がブルブルっと震えて、身体に詰まっていた重さが抜けていきます。

ということで、HSPプログラムをお持ちの方で、「なんか心が重い」「身体が重くて暗雲立ち込めた感じになっている…。」という方は、クリアリングを繰り返してくださいね。

最低20回はやってください。

本当に、「憑き物が取れるってこういうことか!!」と思うほど、心身が軽く晴れ晴れとすると思います。


◆ HSP自宅セラピープログラムについて

意識のクリアリングは嫌な記憶を消したり、トラウマを解消したりするだけでなく、今回のような身体の重さや邪気、モクモクした感覚を浄化するような使い方も可能です。

あと、誰かに怒られたダメージを消し去るのにも重宝します。

いろんな声を頂いておりますので、詳しくは以下を御覧ください。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


◆ カウンセリングのご依頼について

5月辺りから続いているカウンセリングのご予約一ヶ月待ち状態ですが、収まるかと思いきや、待ちが一ヶ月半に伸び、かつ土日は2ヶ月後も取れない状態です。

継続の方が次の予約を取れないという事態は避けたいので、新規でのご予約は当分の間、平日のみの受付とさせていただきます。よろしくお願いします。

>>カウンセリングについては公式ホームページへ

◆ 7つの習慣メールセラピーについて

毎週メールで届く、『7つの習慣メールセラピー』がご好評頂いております。
ご登録いただくと、1通目から毎週月曜日に届くようになります。もちろん完全無料です。

毎週学びを深めることで、「クヨクヨ考えなくなった。」「生きるのが楽になった。」「相手の反応が変わった。」「コミュニケーションが上手になった。」というような声を頂いております。

私も毎週気合を入れて書いているので、良かったら是非ご登録ください。一緒に学びを深めましょう。

>>詳しくはこちらの記事を御覧ください。


posted by ms at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする