2013年03月06日

春は植物達と交感しよう

みなさん、こんにちは。

少しずつ春らしくなってきましたね。

私はこの時期の柔らかい日差しが本当に好きです。そして植物たちが少しずつ目覚め始めるんですよね。草花が喜んでいるようなエネルギーを発する。その時の躍動感がたまらない。

そうやって人間以外の生き物の静かな生命の躍動も感じて喜べるというのは、エンパスならではの贅沢ですよね。(苦労も多いですけど…。)

エンパスやHSPで悩んでらっしゃる方のカウンセリングをしていると、自分を整えるために自然の中に入ることを習慣にされている方が多いことに驚かされます。

特に何かで学んだわけではなく、経験的に自然の中に入ると落ち着いて、自分を取り戻せるということを知っているんですね。

人間には当然意識があって、その意識とはエネルギーでもあるのですが、植物にも植物の意識=エネルギーがあります。

そしてそれは人間よりも遥かに精妙で優しい。

そのエネルギーに触れたり交感していると、ざわついた心が静まってくるのです。

意識の修行をする人たちが、どうしてわざわざ人里離れた山奥で瞑想するのかというと、人がいる場所ではどんなに静かでも人間の雑多な意識の影響を受けてざわつくからなんですね。

山深い自然の中で瞑想すると、何百年と生きた木々達の深く動じない意識に感応することができる。それによって自分の意識を沈め清浄に清めることができる。

私も瞑想はしますので、この違いはとても実感しています。

大阪市の自宅で瞑想するより、自然の中の方が遥かに深くまで入れて静かな気持ちになる。

そしてその中でも春は独特です。植物の意識の目覚めの喜びで溢れている。こっちまでウキウキとしてくる。

大好きな季節です。

とまあ、今日は一般的には非常に怪しいお話しをさせて頂きましたが(笑)こういうことを普通に語れるのもこのブログのならではですね。

仕事で疲れたり、人間関係で意識がざわついて落ち着かない時は、是非1人で自然の中に入ってみてください。(人と一緒だと、どうしても相手に気を使って人に意識が行ってしまいます。)

そして友達が隣にいるのを意識して一緒に寄り添うような感覚で、植物を意識して友達のようにそこに一緒にいてみてください。

あなたの心のざわつきがすーっと晴れ渡り、その奥底に静かでウキウキとした感覚が芽生えてくることに気づくかもしれません。

***ご好評いただいております***

「自分の心の声を知ったら、胸がスッと楽になった。」

「過去のトラウマ的な体験を思い出しても感情が出てこなくなった。」

「心が楽になった。」など、

HSPプログラムがお陰様でご好評いただいています。イメージや身体感覚を使って、自分の扱い方を習得しましょう。

>>くわしくはこちら



posted by ms at 14:21| Comment(6) | エンパス(共感しすぎる性質) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。