2013年01月21日

そっちの方向は行き止まり

今日はHSPというものを離れて、『癒された心』のお話をします。こういった心理系のお話も、自分が変わっていくプロセスで役立つ時が来ます。ですので、たまには書いて行きたいと思います。

*******

先日AKB48の大島優子さんが、元旦の書き初めで「二頭追う者 三頭も得る」と書いたそうで、ネット上では

「二頭って…」

「二“兎”だって知らないのかな」

などと、総ツッコミ状態になりました。

それに対して本人による釈明は「普通は兎なのですが、今年は巳年なので頭という数え方にしました!」というもの。

「巳=ヘビ」の数え方は一般的には“匹”なだけに、再びツッコミが上がってしまいました。

こういう時。

「ええ〜。知らなかった〜Σ(゚Д゚)」と言えれば、すごく魅力的ですよね。

でも、そう言えないというのはまず間違いなく、そこに過去の傷やこだわりが隠れています。

大島さんの場合は、ネットの批判や嫉妬、心無いファンに対する恐れを持っていて、それが防衛的な今回のコメントになったのかもしれません。

一般的に言うと、こういったケースは「学」に対するコンプレックスみたいなものが隠れている場合が多いものです。

そして、そのコンプレックスや恐れの感情を解消できると、自分でその「ミス」や「至らなさ」を受け入れて愛してネタにすることがでるようになるのです。

「知らなかった〜Σ(゚Д゚)」と笑いに変えることができるのです。

そうなると、その知識の「不足」は魅力となり、人を惹きつけはじめます。

多くの夫婦を見ていると「魅力」によって結びついているようでいて、実は「不足」によって惹きつけられて結びついているものです。

「不足」は力なのです。

「不足」とは他者の力を自分の中に生かせるための力。つまり「結合」の力なのです。

恐れから逃れるための方便や、傷を隠すために才能を得ていく方向の努力は、究極においては報われないものです。

その努力によって得たものが、その人の傷の上に鎧のように重なっていき、その人本来の魅力をどんどん隠していってしまいます。

そしてやがては、学や資格や実績を身にまとった不自然でグロテスクな姿態となり、「凄い人なのだけど、どこにどう入っていっていいのかわからない。」「鎧で守られていて、いくら接してもその人の本質に触れることができない」というような、そんな魅力の乏しい人になってしまいます。

努力によって、自分の中に他者を生かしておくべきスペースを追い出してしまったのです。

そっちの方向の努力ではなく、

自分の恐れているもの、こだわっているもの、それを直視して受け入れて愛していくような方向に拡大の道があります。

鎧を身に付けた心よりも、裸になって癒された心の方が強いのです。

でも、そういうと、

「そんなこと言ったって、自分はこんなダメで、こんなミスばかりしていて…。自分の不足を受け入れて愛するなんてできない!」

と思われるかもしれません。

確かにこれがなかなか難しいものです。

自分をポジティブに省みて、自分はこれができる。こういう点がすばらしい。と、自分の素晴らしさを挙げていく自己啓発的なやり方もあります。

でも、それは本質的ではありません。

自分を愛していくというのは知性や感情のするべき仕事ではなく、「信仰」という力によって成される仕事だからです。

信仰とは、論理を飛び越える力です。

何か能力があるから自分は素晴らしいのではなく、みんなが愛してくれるから自分は素晴らしいのではなく、逆に、皆から嫌われているから自分がダメなのでもなく、

どうであろうと、自分とは尊いものなのだとする力なのです。

「…いやいや、余計に難しくなってきたよ…。」

(笑)

私の個人的な体験としてお話ししたいと思います。

私がこの辺りの心境にたどり着いたのは、

「自分というものはそもそも、自分のものではない。」

ということに、気付いたことが大きいように思います。

自分というものを自分のものだと思っているから、自分を愛せない。でも自分というものは自分が作ったものでもないし、自分の持ち物でもない。

そう気付いたのです。

だから自分を否定するというのは端的に言って、傲慢なのだと。

そもそも自分を否定する権利など自分は有していないのだと、そう気付いたのです。

それはちょうど初詣のシーズンの今、神社のお社に接するように尊いものとして、自分に接するということです。

神仏に手を合わせるように、尊いものとして自分の命に手を合わせるような心境です。

自分というものを自分の持ち物という場所から、尊い宇宙の一部であるという所に移行させる。

その基本点に立てば、自分の過去のもろもろの傷や失敗は、些細なものとして許していけます。

その基本点に立ってようやく、努力で埋めていくべき「欠点」と、埋める必要のない「力」としての「不足」の違いがわかるようになります。

そして、自分がこの世界で果たすべき役割というものも見えやすくなってきます。

*****

今日のこのお話は、ずっしりと心に響く方もいらっしゃれば、「はぁ?」といまひとつピンと来ない方もいらっしゃると思います。あるいは頭では分かっても腑に落ちない方もいらっしゃるかもしれません。

それでかまいません。そのまま心の片隅にとどめておいてください。

心理的なワークによって心の癒しが進んでいくと、いつか今日のこのお話が無意識下で機能し始める時が来ると思います。自然にカチッとスイッチが入る時が来ます。

その時まで心の片隅にとどめておいてくださいね。

***ご好評いただいております***

「自分の心の声を知ったら、胸がスッと楽になった。」

「過去のトラウマ的な体験を思い出しても感情が出てこなくなった。」

「心が楽になった。」など、

HSPプログラムがお陰様でご好評いただいています。イメージや身体感覚を使って、自分の扱い方を習得しましょう。

>>くわしくはこちら




posted by ms at 20:14| Comment(2) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

時には技術の問題にしてみよう

HSPや内向型の方は自分の敏感さに生きづらさを感じていらっしゃいますが、その多くは対人関係の問題として現れます。

・仕事の話はできるけど、何気ない雑談ができない。

・周りのノリについて行けず、場を白けさせてしまう。

・初対面の人と話が続かない。


これらはカウンセリングに来られる方に多い相談の1つです。

これを読んでいる皆様の中にも、「そうそう!それ!」と膝を打ちたくなる方が多いのではないでしょうか。

何を隠そう私もそういう時期がありました。

初対面の人と一緒になると、何を話していいか分からないので、ひとまず相手にしゃべってもらおうと質問を投げかけてみる。

でも、広げられず…(-_-;)

「最近面白いことあった?」と相手から聞かれても、

何も思いつかず…(-_-;)

気まずい沈黙…。

そして、家に帰って一人になると、ドッと疲れが出る。

自分はなんてつまらない人間なんだろう…と、猛烈な自己嫌悪と後悔が押し寄せて消えてしまいたくなる。

この生きづらさ。

カウンセラーとなって驚いたことには、同じような悩みを持ってらっしゃる方が非常に多いのです。毎日のように、そんな悩みをお持ちの方がカウンセリングに来られます。

そして、こうおっしゃいます。


「人見知りは治るでしょうか?」「性格は変えられますか?」


でも、ちょっと待って下さい。

その状態を「人見知り」や「性格」と捉えてしまうのは危険です。

「人見知り」という言葉だけではなく、このブログでは「HSP(過度に敏感な人々)」や「エンパス(共感しすぎる人々)」「内向型」という言葉を紹介してきました。

そういった新しい言葉は、自分の性質を知ることで対策を立てたり、自分の性質を受け入れる上では非常に役立ちますが、一方でレッテルを貼ることで可能性を奪ってしまう側面もあります。

ですので、

時にはそれを「人見知り」や「HSP」や「エンパス」といった性格、性質の問題ではなく、

単なる技術の問題としてみることも大切です。

【もしあなたが話の達人になったら】

カウンセリングの際に、私が必ず尋ねる質問があります。

「最近、印象に残っているエピソードをなんでもいいので教えて下さい。」

そう尋ねると、ほとんどの方は、

「温泉に行って楽しかったです。」

とか、

「映画を見に行って面白かったです。」

といった、一言で返って来ます。

そこで「どう楽しかったのですか? もう少し広げてください」と突っ込んで聞いてみると、

「う〜ん。」と詰まってしまいます。

楽しさを伝えるための話題の切り口や、エピソードが出てこないのです。

正確に言うと、出てこないというよりは、そもそも記憶を言語化してエピソードとして語るというような頭の使い方に慣れていないのです。

実は、エピソードを語るというのは、脳にとってとても高度な働きです。

出来事の記憶にアクセスして、面白い部分や重要な部分を選んで(それ以外を削除して)自分の感情にもアクセスして的確な言葉を選び、事実と感想を構成して言葉の抑揚とともに声に出す。

それらのことを一瞬で行なう必要があるわけです。

話すのが好きな人は、日常的にそういった頭の使い方をしてきていますので、鍛えられています。

でも、自分を人見知りだと自認する人の多くは、人と話す機会が少ないので、まず間違いなくこの脳機能が衰えています。

ですので、まずいろんなエピソードを作ってもらう脳トレ・メニューをお伝えして脳機能を活性化してもらいます。

そうすると頭がフル回転して、おでこの辺りがピリピリするとおっしゃいます。

そして、人によってはこういった訓練だけで「口から勝手に言葉が出てくる〜。」というくらいに話せるようになるのです。

それ以外にも、

・初対面の人に質問をする技術。

・相手の答えを広げる技術。

・自分の体験を面白おかしく語る技術。

・褒める技術。

・共感する技術。

などの全てを習得したとたらどうなるでしょうか。

想像してみてください。

今のあなたの性格はそのままに、もし初対面の人と話す技術には絶大な自信があるとしたら。

相手からどんな答えが返ってこようと、それを広げて話題を続ける自信があるとしたら。

あなたはどんな風に日常を過ごすでしょうか?

どんな風に感じるでしょうか?

もしかしたら、私たちは武器も持たずに戦場に出て行って、敗退を繰り返しては、それを性格の問題にしてきていたのかもしれません。

一方ではHSPとしての対処法を身に付けつつ、心や感情を癒しつつ、もう一方ではこの世界を渡り歩くための武器を磨く。その両方の努力をして行きましょう。

大丈夫です。

HSPであろうとエンパスであろうと、内向型であろうと、のびのびと自分の性質を生かして人生を楽しむことは可能です。

***ご好評いただいております***

「翌日から楽になった。」

「会社でのストレスに強くなった」

「心が楽になった。」など、

HSPプログラムがお陰様でご好評いただいています。イメージや身体感覚を使って、自分の扱い方を習得しましょう。

>>くわしくはこちら
posted by ms at 11:42| Comment(2) | 会話が苦手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

100%自分でいられますか?

遅くなりましたが、みなさん、明けましておめでとうございます。

旧年はこのブログに対してたくさんの反響を頂き、ありがとうございました。

今年もマイペースに書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

*******

さて、新年一発目の記事は、「100%自分でいられますか?」というテーマです。

この記事を今マクドナルドでノートパソコンに向かって書いているのですが、先ほど、女性スタッフさんが私に笑顔で挨拶してくださいました。このスタッフさんはいつもとても魅力的で関心します。

特別に美人という訳ではないのですが(失礼!)とても魅力的なのです。

なぜ魅力的かというと、100%自分自身でいるからなんですね。

そう言うと、「自分自身でいるって…? 当たり前じゃない?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

このスタッフさんは足先までぎっしりと自分が入っているのです。こういう人は非常に珍しいものです。

私はカウンセラーという仕事柄、とても注意深くその人の身体を観察します。

そうすると、この人は胸までは自分が入っているけど、お腹の底に自分がいない。頭と胸でお話ししているけど腹の底には見せたくない本心を隠してるな…とか、

この人は頭にしか自分がいなくて、身体がガラ空きだ。心も疲れるだろうな…とか、

この人は足が浮いてしまってる。意識が身体より先走ってるな。気を使いやすいだろうな。

などといったことを、クライアントさんの身体からわかるようになってきます。

そうすると、先の女性スタッフのように、自分という存在の充実感が身体の足先までぎっしりと入っている人は意外に少ないことに驚きます。

男性は頭に集中しがちだし、女性は頭と胸だけで、どちらにしてもお腹に自分がいない方が非常に多いのです。

足先とまでは行かなくても胸やお腹の下(臍下丹田)まで自分が入っていると、その人は素の自分自身でいられます。

外の世界に対して特に気を使うこと無く、気負うこともなく、くつろいでいられるのです。

逆にお腹や胸の自分がいなくなっている場合は、その人はそこに存在しながらも、本当の自分は逃げてしまっていて、ただその場を取り繕っているだけです。当然、非常に気疲れします。

つまり、こういった身体の中の感覚の充実度というものが、その人の心の在り方を現しているわけですが、通常は、自分が身体にどこまで充実して入っているかなど、当人もあまり気にしないものです。

これまで、この身体感覚で生きてきたのですから、これまでの自分の在り方に慣れてしまっているのです。それが本人にとって当たり前だし、特に違和感も感じなくなっています。

身体に自分が入っているか入っていないのか、まさかそこに個人差があるなんて思いません。

でも実はここに人それぞれの大きな特徴があり、そしてここに自分を変えるための大きな可能性があるのです。

【あなたはどうだろうか?】

次のことを試してみましょう。あなたが普段どれだけ自分自身でいられているかが分かります。

1)一人で静かな部屋でゆったりと座って、ゆっくりと腹式呼吸をしましょう。

2)その時に、お腹の下(臍下丹田)に息を吸い、そこから吐き出し、お腹や胸に意識を充実させましょう。

3)お腹の中の感覚、胸の感覚をしっかり感じられて、しっかりそこに自分の意識がある。自分のお腹や胸の内側の感覚と自分の意識がつながっているという実感を得ましょう。


これが自分だ!という感覚がお腹や胸の中心にしっかりと居座ったらOKです。これが「センタリングした」と呼ばれる状態です。

素の自分自身でいる状態。自分の本心とつながっている状態です。

では、ここからが重要です。

4)目を開けて外を見てみましょう。外を見ても、先程のお腹や胸とのつながりは維持されていますか? 人によっては目を開けて意識を外に向けた瞬間にひゅっとお腹の自分がいなくなります。

5)次は人とお話ししてみましょう。人と話すと気を使ったり遠慮したり、相手に意識が行きすぎて、内なる自分が身体から逃げ出していませんか?

6)いろいろな場面で試してみましょう。職場での感覚。苦手な人の前。怖いヤンキー達の前(笑)など。


こうして、

「自分の身体の内側にしっかりと内なる自分が存在しているか?」という質問を持って、お腹の感覚に注意して様々な場面を体験してみると、

お腹のあたりが、充実したり逃げ出したりを細かく繰り返しているのに気がつくと思います。(逃げっぱなしで充実を体験しにくい方も多いと思います。)

理想はどんな場面でも、誰の前でも常にお腹の底まで充実して、自分の内面とのつながりを持ちながら同時に外の相手にも注意を払っている状態です。(これは合気道などの武道でもっとも大切とされる意識の在り方です)

でも、気を抜くとすぐに外に逃げ出してしまいます。

例えば「人と関わるのが苦手。一生1人で生きていきたい。」と仰る方は、まず間違いなく、会社や学校などの社交の場に身をおくと、お腹の自分がいなくなっています。

人といると自分を保てないのですから、家庭を築きたくないのは当然ですね。

身体から自分が逃げ出している状態で、いくら相手と上手にお話ししても盛り上がっても、お腹の自分はいないので人とつながった気はしません。

そして帰って1人になったらどっと疲れが押し寄せます。

自分の肚(ハラ)というエネルギー源から切り離されて、上辺の意識で必死で取り繕ってきた疲れです。

【私たちが目指すべき在り方】

つまり私達が目指すべきは、どんな場面でも腹の底までしっかりと自分が入っている状態なのです。

それが実現できれば、どんな場面でも自分の中にリラックスしてくつろいでいられるので、とてつもなくラクだし、自分自身に忠実でありながら、他者とも社会ともつながりを楽しむことができます。

飲み会で会話が続かなくてもお腹にしっかりと存在していられるならば、その沈黙さえも心地よく感じられますし、自然に内側から自分に忠実な言葉が出てくるようになります。

誰かといることで、自分がブレることもありません。必要以上の気遣いも無くなります。

「腹が据わる」というのは、文字通り、こういった腹の身体感覚からくるものなんですね。

先ほどの、マクドナルドのスタッフさんは自然にそれができている。しかも足先まで充実できている。これはかなり珍しい例ですが、私達もそこを目指しましょう。(彼女は忙しいマクドナルドの中でいつものびのびと楽しそうです。)

身体の全てに自分を存在させて生きるということは、「自分という全体性」を生きるということです。

【ではどうすれば良いのだろうか?】

では、どうすれば私たちの意識は内面にとどまることができるのでしょうか?

1つは単純にそれを意識をすることで達成できます。

常に重心を下腹(臍下丹田)に置いて、誰と接する場面でも下腹に自分を充実させた状態で居続けるように意識するのです。

買い物をして店員さんに声をかけられた瞬間に、ひゅっと逃げてしまったことに気付いたら、その度に意識して下腹に自分を取り戻します。

そしてレジに行ったらまた、ひゅっと居なくなる。また取り戻す。

そんなことを繰り返していると、次第に癖がついてき、やがては無意識が自動的にそのように存在させてくれるようになります。気づけば誰に対しても気兼ねなく話せている、腹の据わった自分になっていることでしょう。

これは1つのスポーツだと思ってください。テニスのラケットを振る時に、できるだけ肩の力を抜くように癖付けることと質的には何の違いもありません。

意識して身体に覚えさせるのです。

しかし、それでもなかなか癖がつきにくい方がいらっしゃいます。どうしても身体から逃げてしまう方。あるいは、そもそも身体に居座るという感覚が最初からわからない方もいらっしゃると思います。

そういった方は心理療法が必要です。フォーカシングというワークで対話する身体の感覚。そこが強い恐れを持っていると、いくら意識しても身体には居座ってくれません。しっかりとその感覚と対話して、癒してあげる必要があるのです。

人生のある時期に、しっかり集中して自分の内面と向き合って、楽にしてあげてください。

「自分という全体性」を取り戻し、100%の自分を生きられるようになるのは容易な道のりではありませんが、努力して進むに値する道です。

諦めずに進んで行きましょう。

ということで、今年もよろしくお願いします。

***ご好評いただいております***

「翌日から楽になった。」

「会社でのストレスに強くなった」

「心が楽になった。」など、

HSPプログラムがお陰様でご好評いただいています。イメージや身体感覚を使って、自分の扱い方を習得しましょう。

>>くわしくはこちら




ラベル:HSP
posted by ms at 19:38| Comment(3) | HSP(繊細すぎる人) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。