2018年10月31日

ブログ移転のお知らせ

みなさん、こんにちは。

カウンセラーの佐原です。

こちらのブログではお久しぶりですね。

今日はお知らせです。



長くやってきたこのHSPのブログですが、この度広告の無いページに移転させることにしました。

過去の記事も読みやすくなるように、今、いろいろと知恵を絞っております。

こちらが新しいブログになります。

http://forhsp.info/

過去の記事も全て移動させていますので、さかのぼって読んでいただくこともできます。

ブックマークの変更お願いします。


そして、すでに新しい記事も書いていております。

『パワフルな自信を育むための10の方向性』


読みやすく、復習しやすく、ネット上にいつでもアクセスできる1冊の本があるような、そんなページを目指しています。


これからもHSPや内向型の行き方に特化した記事を書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。




posted by ms at 12:27| Comment(0) | HSP(繊細すぎる人) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

職場での気疲れで消耗してつらくなってしまう…を減らす可能性について


みなさん。こんにちは。カウンセラーの佐原です。

すんごい酷暑が続いていますが、みなさんお元気にされていますか?(ご無事ですか…?)


うちはオフィスが最上階のため、太陽の熱というか遠赤外線?が屋根を通り抜けて部屋中をほっかほかに温めるようで、

なかなか凄いことになっております。


エアコンは18度設定で全開ではあるものの、クライアントさんと若干汗ばみながらのカウンセリングの毎日です。

ほんと、これはいつまで続くのでしょうね。


夏の盛りは決して嫌いじゃないのですが、もう少しお手柔らかいお願いしたいものです。



さて、HSPのこのブログは久しぶりの更新です。


このブログを見て来てくださる方は、ほんと皆さん気質が穏やかで優しくて、

それでもこのスピードと競争を求められる時代をなんとか生き抜こうと頑張っておられて感心しています。


私も様々な角度の心理療法やヒーリングを身に着けたり、レジリエンスなどの最新の知識を取り入れ、全力で応援、サポートに努めております。



みなさんの優しい性質が日々ご機嫌でありますように、頑張っていきましょうね。




さあ、それでは今日は、

会社や組織の人間関係に疲れてしまう人に何が起こっているのか?

そこに改善や楽になる可能性があるのか?

というところを、心理療法的に探って行きたいと思います。



【職場の空気や気遣いに疲れてしまう】



このブログを読んで来てくださる方の中で多いご相談に、会社の人間関係に疲れてしまうというものがあります。

バリエーションは様々ありますが、おおよそ以下のような種類があります。


・分からないことを上司に聞くのが苦手。


・仕事のミスを指摘されたら自分を否定されたように落ち込んでしまう。


・職場になんとなく自分の居場所が無いような疎外感を感じている。


・仕事を振られると断れない。


・仕事がいっぱいいっぱいでも助けを求められない。


・仕事を出来をジャッジされているようで緊張してしまう。


・指示の内容が理解できていないのに理解したフリをしてしまう。


・電話が鳴ると出るのが怖い。


などなど。


それぞれに、100%ではないにせよ、若干は感じていらしゃる方は多いのではないでしょうか?

例えば、分からないことを上司に聞くという行動に対して、ストレスを30%感じているとして、


こういった小さなストレスの積み重ねが、忙しさと合わさって徐々に気力と体力を奪って行きます。


こういった気遣いから来るストレスをできる限り減らすことができると、デフォルトモードでのストレスが少ないので、

働くことが随分楽なことになっていきます。


では、こういった気遣いは生まれつきのものなのでしょうか?

それともセラピーで解消して行けるものなのでしょうか?



【原因となる家族関係をチェックしてみよう】



それを確認するために、以下のようなイメージワークをしてみてください。


・小学生くらいの時分に戻って、父、母、兄弟、祖父母、などをイメージして、子供として当時の家族の中に身を置いてみてください。


・特にお父さんお母さんと向き合ってみてください。


・両親の前で安心していられますか?


・分からないことがあったら気楽に助けを求められそうですか?


・優秀じゃない自分でも受け止めてもらえそうですか?


・そこに自分の居場所がある安心感はありますか?


以上をチェックしてみてください。

身体の感覚を丁寧に感じてみてください。


もし身体がゾワゾワしたり重くなったり、固まったり、

ジャッジされている緊張感や、不安感があれば、それが職場の人間関係に影響しているということです。


逆に受け止めてもらているような安心感や励まされているような力強さを感じるようでしたら、良い意味で家族イメージにサポートされていると言えます。



【人は今も家族の中に生きている】


人は幼少期の家族関係の中で、自分の居場所を得るために様々な反応パターンを作り出します。


そして、そのパターンを今も無意識に持ったまま、その関係性を今現在の周りの人に投影して生きていきます。


職場に居場所が無いと感じるのは、実は幼少期の中に家族の中に居場所を感じられない疎外感があって、今もその感覚を持ち歩いていて、職場に投影しているということです。


いつも男性の上司に緊張してしまうというのは、お父さんから受けた恐怖感を今も持ち歩いていて、父親との関係性に近い男性上司などに投影して、昔の恐怖を再体験しているということです。


こういったケースは、セラピーで劇的にストレスを減らすことができるので、仕事がとても楽になる可能性があります。


でも、うちはお父さんは優しくて、今イメージしても受け止められる安心感を感じられるけど…。というケースはどうでしょうか?


それでも今の上司が怖いというケースでは更に、

学生時代の男性教師や、野球や空手などの先生の恐怖が投影されていないかを見ていきます。


そういった体験も思い当たらず、それでも上司が怖いんですけど…。

という場合は、



単に今の上司が本当に怖い人なのだと思います…(笑)


その場合は、その上司とのこれまでの関係の中で溜めてきた恐怖の残留エネルギーを開放することで、楽になる可能性が出てきます。


そうやって、投影の大元の体験を癒やしたり、今の職場で溜めたストレスを解消していくと、


HSPと言えど、また楽な呼吸を取り戻して、まだまだご機嫌で生きて行ける可能性が十分にあります。


思い当たる方は、ご相談くださいね。



***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 
posted by ms at 09:44| Comment(0) | HSP(繊細すぎる人) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

内なる戦士を呼び覚ます

みなさん、こんにちは。

カウンセラーの佐原です。

昨晩から夜行バスに乗って、今朝新宿に到着しました。

ええ。

42歳。夜行バスです。


普通は大人になるにつれグリーン車とかにバージョンアップして行くのでしょうけど、


快適さに馴らされるのは生物として退化だ!

そんなものはポテンシャルが落ちたということにすぎない!

って僕の中の修行僧みたいな人が言います…(笑)


夜行バスという劣悪な環境にも関わらず、如何に高いエネルギーレベルを維持してキレキレで良い仕事ができるか。 

その挑戦に今はとてもワクワクしています。


ほんと根っからの修行好きなんですね…。


負荷があると異様に燃えます。


バスの中で周りの乗客とエネルギーが混ざって消耗してしまわないように氣のメンテナンスをしたり、

良い睡眠を摂るために工夫したり、

そういったサバイバルの中だと無意識が勝手に前のめりで仕事をしようとしてくれます。


快適な家で文章を書くのはなかなか気が乗らないけど、暗いバスの中でPCを開いてモニターの明かりで周りに迷惑がかからないように背景を黒い画面にして、

タイピングの音を限りなくゼロにすることに意識を配りながらの執筆はとても捗るのです。


サバイバルモードになると生命は活性化するようです。


少なくとも、モチベーションが…なんてことを考える必要はなくなります。

それがなかなか良い感じなのです。

わざわざ山の中に行って火を炊いてコーヒーを淹れるみたいなものでしょうか。


これはなかなか面白いテーマで。


私達の生命力や活力が落ちていたり、周りに対して神経過敏になり過ぎている時というのは、実は必要な負荷が足りていなくて、

自分の中の野生が眠ってしまっているということもありえるのです。


実際に、対人緊張のクライアントさんで阪神大震災後の半年の間だけ対人緊張が一切無くなって快活で人と関われたという方がいらっしゃいます。


生命が危機にさらされることで野生が活性化していたのですね。

環境がイージーモードになりすぎたら、負荷を高めた方が生命は喜び前のめりで動こうとしてくれるようです。

こうなると、活力が勝手に湧いてきて進んでくれるので、ある意味でとても楽なのです。

自分の意志力でモチベーションを高めて…というようなことが必要なくなり、あーだこうだという無駄な思考も出てこなくなります。


逆に一番しんどいのが、楽で時間がありすぎるという状態です。

その状態では無意識にスイッチが入らないし、

鬱々とした想念が生まれてきて、それに囚われて自分の思考で自家中毒を起こしたような状態になり勝ちです。


ハワイのスピリチュアリズム「フナ」の教えでは、それを「小さな黒い袋を開けた状態」と言います。


面白い表現ですね。


私達の無意識には自分の過去も含めて先祖代々の想念、人類の集合意識の持っている傷など、黒いものが小さな小袋にたくさん入っているのですが、

人は暇になるとわざわざ自分でそれを開けて、自分で苦しむというのです。

なんとなく分かりますよね(笑)


私達の内に眠る「野生」もこの「小さな黒い袋」も、どちらも私達の無意識の底に最初から与えられたものですが、


そのどちらを使うか、というところは私達の選択にかかっており、無意識のマネジメント力次第だということです。


余裕があるのになんとなく気分が重くてしんどいな…とか、心が喜ばなくなったなと思ったら、チェックしてみてください。


もしかしたら日常がイージーモード過ぎて、無意識は既にそのゲームに飽きてしまっていて小さな黒い袋を開けているのかもしれません。

ハードモードが意外に楽で、面白いですよ。


自分の中の内なる戦士。

野生の力を呼び覚ましてみましょう。



追記

実際に、この記事にあるように負荷(ストレス)を良きものとして捉えると、体内に生じるストレスホルモンの種類が変わるとの実験データがあるようです。


ストレスは、それを悪いものと思うとコルチゾールが分泌され炎症が起き、それが行き過ぎるとうつ(脳内炎症)状態になりますが、

ストレスを自分の成長につながる良きものと捉えた時にはデヒドロエピアンドロステロン(長い!)という男性ホルモン(まさに戦士)が分泌され、やる気や活力が湧き出るのみならず、若返りの効果まであるようです。


ですので、

「よし!この負荷で自分の中の戦士を活性化させよう!」でも良いですし、


「自分の中のデヒドロエピアンドロステロンをじゃぶじゃぶ出そう!」でも良いので、お好みな方で自分を前向きに駆り立ててくださいね。



***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 
posted by ms at 11:35| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

飲み会で「うぇ〜い!」となる場が苦手で仕方がない問題について

みなさん、こんにちは。

カウンセラーの佐原です。

少しずつ温かくなって来ましたね。お元気にされていますか?

私は相変わらずカウンセリングの日々を過ごしていますが、そんな中、家系や集合意識にあるトラウマを癒すようなセラピーをまた別の角度から学び始めました。


クライアントさんの問題を扱っていくと、心の痛みや憂鬱感といった感情が、クライアントさん個人のものとは言い切れないようなケースもとても多いものです。


「その苦しさはあなたの過去の体験から来るものか?」

「それとも、家系の誰かの感覚を肩代わりしているのか?(同一化、もつれ)」

それがセラピーで最初に見る点です。


原因不明の不定愁訴や希死念慮、対人恐怖などは、個人の体験をいくら掘り下げても原因が出てこないことも多いのですね。


今の心理療法はそういったテーマ(昔であれば霊能者の所に行ってくださいと片付けられていたもの)にも的確に対処できるようになっています。

私も更に学びを深めて、セラピーの技術に磨きをかけていきたいと思っています。



さて、今日は日々のカウンセリングから、

ここの読者の皆様に役立ちそうなトピックをお話しします。


それは


「飲み会が苦手」問題についてです。


もっと言うと、飲み会で「うぇ〜い!」となる場が苦手問題ですね。


このテーマは本当に根深く、このブログの読者さんからもよくご相談を頂きます。


「何を話して良いのか分からなくなるんです。」


「言葉が何も出てこないんです。」


「何が面白いか全くわからないんです。」


「みんなのノリについていけないんです。」


分かります。分かります。

私も苦手です(笑)


そうですね。


「うぇ〜い!」


…て。

波長が合わない方には苦痛でしかありませんね。


ある種のタイプの人間が非常に苦手で、心を閉じてしまう。

そういう場面では一体何が起こっているのでしょうか。


【自分の本質が良くないものと感じる時】


飲み会の席のみならず、人に対して心が閉ざしてしまってぎこちなくなる。

そういう問題をセラピーをしていくと、


核心には、

自分の中心的な価値が否定されている(ように感じている)という感覚が核心に現れてきます。



例えばある人は深く物事を考えて、本質的なことについて考えるのが好きで、それが中心的な自分の情熱の源泉になっていたりします。

また別の方は真面目で、環境を良くするためにできることを真面目に考えて提案するとか、そういったことに心の大半を使っています。


HSPや内向型の皆さんの中心にはだいたいそういった善良で真っ直ぐな心根があります。

とても誠実で真面目で知的好奇心があるけれど、浮ついてはいないのです。とても素敵だと思います。



でも、この「うぇ〜い」の場においてはこの自分の本質を良くないものと感じて恥じているのです。


自分の感じる面白さ。自分の中心的な情熱を相手に表現してしまうとどうなるのか。


「なんか、めんどくさい人だね」


「あ〜、場を冷ます人ね」


そんな声が返って来そうな気がして、必死で自分の本質にはフタをして自分の中心とは繋がらずに、

無意識に違う誰かを演じようとしています。


でも、自分の中心にあるエネルギーの源泉から切り離された時点で、もう自分の内側からは何も言いたいことが出てこなくなります。


周りの人達を見て、どんな反応をするのが適切かな?と頭で考えて、頭で考えた言葉を発しても、


そこには自分の中心のエネルギーが乗っていないので、上滑りしていきます。


面白いことを言ったはずなのに、面白いエネルギーが乗っていないので周りの反応は起きないのです。


それもこれも、自分の中心が否定されそうな気がして、自分が自分の中心から切り離したことによって起こっています。



私たち人間は、中心(臍下丹田)につながり、自分が感じている中心の価値観を周りの人に良きものとして承認された時、

安心とともに豊かな泉が溢れるように言葉が出てきます。


それだけではありません。

言葉だけではなく、ユーモアもアイデアも愛情も、全てがこの中心から自然に流れ出して来るものです。

決して頭で思考して何かを絞り出すわけではないのです。


【HSPの持つ楽器とは】


また別の例えで言うとすればそれは

「響き」のようなものですね。


HSPや内向型の持つ精妙で深く静かな響き、


それが他の人達の激しい楽器の音に上手く共鳴できずに、

自分の中心から発した音が、その場では不協和音となってしまう気がする。

だから力が出せず、出したとしてもかき消されてしまのです。


「うぇ〜い!」という場が、激しいデスメタル?を演奏している場だとすれば、私達の中心にある楽器は何でしょうか。


そうですね。


お琴とかですかね(笑)



ポロン〜ポロン〜♪と、なかなかデスメタルの中に入りにくいものです。


でも原則は以下の通りです。


1)自分の本質が琴であることを隠して別の楽器になろうとすると、私たちは中心につながれなくなり何も出てこなくなる。


2)私達の人生の冒険とは、持って生まれた楽器を良きものとして受け入れ、肯定して、それが最も美しいハーモニーを奏でる場所を見つけて音楽を楽しむことにある。


3)時々どうしても不協和音しか出ない場というのが存在するが、それはあなたの楽器がダメだということではない。


4)時々不協和音にさらされるのが人生だが、プライベートに良い音色を響かせあえる人がいれば、そのダメージはすぐに回復し、すぐに自分の音色を取り戻すことができる。


5)琴である自分をエレキギターだと偽って生きて、その上に人生を積み上げると(そういう相手と結婚し、そういう職場を選ぶと)いつか自分の本質が目覚めた時に、積み上げた人生を全て破壊することになる。


6)あなたの響きが最高に美しい音楽を奏でるような飲み会の形というものが必ずある。


7)あなたが強くなる方向があるとすれば、それは自分の持って生まれた楽器を恥じて隠し、エレキギターっぽい音を奏でるところから来るのではなく、琴の演奏を修練し卓越し確信を持って響かせることの中から出てくる。


8)全ての豊かさ(エネルギー、言葉、アイデア、愛情、強さ)もそこから流れ出てくる。


9)だから一緒に琴の技術を磨きまくりましょう!!


飲み会の波長があまりに合わなくて、その波長が自分の身体を侵食し、自分の響きが失われてしまったら、


すぐに響きを取り戻すようなパートナーや友人に会って、自分の響きを取り戻せるようにすると助けになりますね。


楽器のチューナーのようなものです。

友人以外にも音楽だったり本だったり、自分の音色を取り戻してくれるツールを知っておくと良いですね。

(このブログもそうしたものの1つになれたらと思って書いています)


「自分ってどんなだったっけ?」となったら、

気の合う誰かと、ポロン〜ポロン〜♪と音を奏でて、自分と取り戻してくださいね。


そして、もう1つの道として、


「私は琴だからなかなか演奏に入りにくいけど、今日はハードコアを聞いて楽しむね!」と、宣言できるようになることはとても大きな前進になります。


「琴だから入りにくいし、ごめんね。なんか音が出てこないけど、エレキギターてそんな音が出るんだ。そんなこと考えてるんだ。へ〜。」と。


自分を知り、相手との違いを知り、それを言語化して共有することができれば、お互いがお互いの違いを尊重できるようになるものです。


それも1つの成熟の形です。


そして時には、

「今日こそハードコアの演奏の中で、私の琴をかっこ良く響かせてやるぜ!!」と挑戦してみましょうね。


時には上手く行って異様に楽しかったり、まったく噛み合わずいチーン…となったりしながら(笑)

諦めずにやっていきましょう。


いつか、どんな相手とでもスペシャルな音楽を演奏できる琴になってやろうではありませんか。


ではでは、みなさまの活躍をお祈りしつつ。


私も琴マスターとなるべく、頑張って行きますね。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 
posted by ms at 09:36| Comment(1) | 会話が苦手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

冬に気分が落ち込んできたら最初に試して欲しいこと

みなさん、こんにちは。

カウンセラーの佐原です。

『大寒』過ぎて暦の上では『立春』になりましたが、まだまだ寒いですね。

今日から今年最大の寒波が来るそうです。って、そういうの、こないだ来てましたよね…。

sparrow-3123070_640.jpg

毎年寒いこの時期になると、落ち込み気味になったり気分がふさぎがちになるクライアントさんが多くなるのですが、みなさんは大丈夫ですか?


うつっぽさがある方はそれがひどくなったり、

霊的、エネルギー的な影響を受けやすい人はそれが強くなったり、

特に女性は寒さの影響を受けやすいようです。


メンタルをどうにかしようとするよりもまず、身体的に温かくしてくださいね。

寒くて無意識に身体を固めている状態は心にそのまま反映されて、心も重く固まってしまいますから、

まずは暖房を使ったり着込んだりして、防寒に意識を向けてみて下さい。

お勧めのアイテムは、あれです。



『腹巻き』です。



これ、僕も試しに使ってみて大正解で、ちょっと感動しています。


特に眠っている間にお腹が冷えると眠りも浅くなり、とにかく疲れが抜けないんですね。


僕は寝ている間にシャツがめくれ上がってお腹が出てしまってることが多いんですけど、そうなると目覚めて「あ〜。やっちまった…。」となります。


あきらかに疲れが取れていないんです。寒さで体を縮めて緊張していたのが分かる。


でも、腹巻きをするとめくれ上がることもなくお腹に密着しているので、体の芯がポカポカして良質の睡眠が取れるんです。


体の芯が温まると、活力のようなものが出てきます。

僕の場合は外に対する好奇心が出てきます。

これは僕にとっては調子の良い時の兆候です。

HSPプログラムの中でも書きましたが、皮膚は心なんですね。

外が寒くて皮膚が外界に対して閉じて拒絶していると心も閉じます。

逆に身体の内側の熱さから皮膚が外に熱を発散する方向に開いたら、心も晴れるんです。

そのことがとても良く分かります。

感動していろんな人に腹巻きの偉大さを伝えると、「私も腹巻きしてますよ。」「僕もしてますよ…。」とおっしゃる方が思った以上に多くて、

その方たちの意見も参考に、腹巻きの効用を挙げると次のようになります。


・単純に温かくて防寒対策に優れています。インナーを増やすより腹巻きをする方が密着感があって温かいです。


・お腹がポカポカするとメンタルが安定して意欲が出て来ます。セロトニンは腸で作られるので、もしかするとそれが関係しているのかもしれません


・内蔵が動き出し代謝が上がり、生きてる感覚が出てきます。


ただし、注意も必要で、

僕は調子に乗って仕事中もずっと腹巻きをして、四六時中、一週間くらい身に付けていたのですが、そうするとだんだん気分が重苦しくなってきて、これは何なんだろうと思って、

試しに腹巻きを外すと、「ふぁ〜!」っと水面に顔を出した時のような凄い開放感が出てきました(笑)


お腹が、外界を感じ取っている感覚がありありと実感できて、みずみずしい感覚を取り戻せた気がしました。

やっぱり皮膚は心なので、ずっと腹巻きで閉じ込めている状態も良くないのですね。

身体を締め付ける窮屈な感覚がそのままメンタルの重苦しさに投影されてしまう部分もあり、

実際的に呼吸を浅くしてしまうところもあり、

でも温まることで活力が沸いてくる部分もあり、

要は使いようなのですね。


僕は今は寝ている間だけ使うようにしています。


そうすると寝てる間に体の芯が温まって朝にはエネルギーが充電された感覚があり、そして起きて腹巻きを外す朝の開放感もあり、とても良い感じです。


ということで、寒いこの時期に不調を感じてらっしゃる方は、腹巻きをお勧めします。


僕はAmazonで買った、「グンゼ愛情腹巻き」のLサイズを使っています(きくつないようにLサイズをお勧めします)が、

クオリティは未確認ですが、どうやら百均にも置いてあるそうです。


一度試してみてくださいね。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 01:54| Comment(0) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

私の根底にある漠然とした不安の正体

みなさんこんにちは。カウンセラーの佐原です。

お元気にされていますか。

このブログでは久しぶりになってしまいましたね。(だいぶ遅いですが)明けましておめでとうございます。


昨年1年はセラピーのスキルを更に高めようと様々な所に学びに行って勉強にエネルギーを注いでいたので、ブログを書くことの優先順位が下がってしまっていました。


でもブログでお伝えできることはまだまだ多いですし、クライアントさんとお話ししていると、とても大切に読んで頂いているのだなと感動することもしばしばですので、

今年はもう少し書くことに力を注いで行きたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。



さて、今日お伝えしたいのは、HSPでお悩みの皆さんの不安や恐怖が、実はこんな原因で起こっているかもしれませんよ。

というお話しです。


不安や恐怖の原因は様々ありますが、

そんな中でも盲点になりやすい原因があります。

盲点でありながら実は多くの方が持っている原因ですので、心を自由にする上で参考にしていただければ幸いです。




将来への不安が強かったり、

人に対する不安が強かったり、

緊張しやすかったり、

そういった生きづらさの原因には、生まれ持っての性質から来るHSP体質ももちろんありますが、

多くの場合は子供の頃に経験した「恐怖体験」、つまりトラウマに原因があります。


ですので恐怖体験で溜め込んだ恐怖エネルギーを解消すれば、かなりの割合で不安や恐怖は解消されていきます。


「HSP体質なんです…。」と諦めていた方も、

その本来の繊細さは変わらなくとも、不安を感じる割合が減り、楽になって行かれます。


と、ここまで読んで頂いて、いかがでしょうか?


「あぁ…そういうことなら、うちはお母さんが怖かったから私はいつもビクビクして過ごしていたなぁ…。」とか、


「小学校の頃のあのいじめ体験は今でも思い出したくないもんな…。」とか、


「自分の過去には暗黒期があるなぁ…。」と感じる方は分かりやすいですね。


過去にあまり見たくないものがあるということは、それを解消すると現在が大きく変わる可能性があるということです。


でも、今日お伝えしたかったのは、それらに当てはまらないケース、

つまり、

「子供の頃に溜め込んだ恐怖」と言われても、ピンと来ないケースについてです。

私の親は優しかったし、いじめも無かったし、特にトラウマのようなことはないのですが…。

というケースについてです。



一般に、過去に恐怖体験が無いのであればセラピーで対処するべき体験が出てこないので、


「それは生まれ持っての性格ですね…。」ということになります。


HSPという区分けもそれに一役を買っています。



でも、それでもまだ可能性があります。

ここで見落としている重要な原因が2つあります。



1つは、

両親のどちらか(多くはお母さん)が不安症だったケースです。

例えばお母さんが世の中の人は厳しいという信念を持っていて、

「そんなことしたら悪く思われるよ」とか、

「外に出たら危ないよ。怪我するよ。」と、

様々な想像をして怯えてワナワナしているケースです。


そのお母さんのワナワナした空気感が子供に伝染していることがあります。


これは心理学の世界では「汚染」と呼ばれます。

「世の中は恐いもの」とか「人は何を思っている分からないもの」といった親のビリーフが、子供を汚染するのです。

こういうケースではいくらトラウマ体験を探ってもこれといった原因が出てきません。


それはお母さんの恐怖を受け取っていただけだからです。

それをしっかりと自覚するとともに、お母さんに返すということを行うと社会や人の目に対する不安が消失します。


そしてもう1つのケースは、


お母さんが家事や仕事にいっぱいいっぱいで、大変そうに生きていたケースです。


お母さんが大変そうに生きていただけでなぜ子供が恐怖を持つのか?


それは子供の頃のこんな思いによるものです。


「もし私がお母さんに頼ったら、お母さんが壊れてしまう…。

もうお母さんはいっぱいいっぱいだから、頼ったらダメ。

お母さんが壊れたら、自分の生きるベースが無くなってしまう。

それは怖すぎる。

だからお母さんに頼らないようにしないと。お母さんを守らないと。私がしっかりしないと。」


無意識にそのような決断をすることで、子供は精神的に頼ったり甘えたりせることを禁止し、無意識に自立してしまうのです。


そうなると、自分が感じている恐怖を処理したり、お母さんに受け止めてもらったりすることができずに、


むしろお母さんの心が崩れないように、それによって家族が崩壊しないように(つまり世界が崩壊しないように)と、お母さんの顔色を見て、ビクビクするようになります。


このテーマを持っている人に聞くと必ずおっしゃるのが、


「お母さんが崩れたら、地面が崩壊するみたいに恐い。足場が無くなる。自分が消えてしまう。」

というような表現です。


子供にとって、親が崩れることは生きる土台を失うことなので、死を意味するのです。

相当恐いことなのです。


だから、自分の些細な恐怖など他所において、お母さんが崩れないように家族が崩れないようにと、心細い思いを抱いて生きることになります。


こういった不安感は親から独立した後も心の深層に残ったままで、それを社会に投影しながら生きていくため、次のような症状が出やすくなります。


・人生に対して漠然とした不安、足場の崩れそうな脆さを抱いている(幼少期の家族が崩れるのではないか?という不安を今も生きている)


・人に頼れずに自分ばかり仕事をして過労になる。


・自分の恐怖を受け止めてもらって解消することができないので、恐怖が溜まっていく。その結果、人や将来に対して強い恐怖を感じる。


・いつも気を張っていて緊張で身体がガチガチだけど、それが当たり前なので自分では気付け無い。整体に行くとガチガチですよと指摘される。



こういったケースはセラピーの中で、

子供の自分が思っていたよりもずっと親は強い。頼っても意外に大丈夫だということを実感して行く必要があります。

そしてその上で、身体レベルで大きな大人に身を委ねて恐怖を受け止めてもらう練習をします。


そうすると、身体の深いレベルに溜まっていた恐怖エネルギーが解消され、筋肉が緩み、身体の中に安心のエネルギーが宿るようになります。


そのような開放が起こると世界が変わります。


これまでと同じ環境に身を置いているにも関わらず、

周りを見渡すと人が優しく微笑んでいるように見えるし、

将来というものが、どっちに転んでも大丈夫でなんとかなる気がしてくるのです。


「どうせなんとかなるから、その時に考えたら良いよ。」


というような安心感を支えているのは、プラス思考かマイナス思考かといった思考レベルの問題ではなく、

HSPかどうかという先天的な問題でもなく。

身体の深層の筋肉に恐怖のエネルギーが残っているかどうか、身体レベルの問題なのです。

このあたりのテーマもセラピーで価値を感じてもらい安い部分です。


常に身体に恐怖があって、それを我慢することにエネルギーの大半を使っていた方が根本から解消し、

我慢に使っていたエネルギーを自分の人生をクリエイトする方向に使い始めた時、いったい何が起こるのか。


どんな風にくつろぎ、何を思い、人に対してどのような振る舞いを始めるのか。

そこにはまだまだ未知の可能性が眠っています。

どうぞ楽しみに思っていてくださいね。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 02:16| Comment(0) | 繊細さのダメージを抑える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

仕事中も使える耳栓でストレスを軽減する

みなさん、こんにちは。

カウンセラーの佐原です。

こちらのブログではお久しぶりです。

先日、耳栓に関して貴重な情報を頂きましたのでシェアをさせて頂きます。

HSP気質の方は特に耳が敏感な方が多く、意識的に耳からの情報をカットしてあげると神経が休まり回復するようです。

そのために手放せないアイテムが耳栓ですが、テクノロジーの進化によって今では凄い耳栓があるそうです。

では以下です。


*******

初めまして。◯◯と申します。

数年前にHSPについて調べていたところ、佐原先生のHPにたどり着きました。
以来、ブログとメルマガをいつも楽しみに拝読しており、心の拠り所になっています。

以前神経を休ませるためのアイテムとして耳栓を紹介されていましたが、
( http://sensitive33.seesaa.net/article/415060178.html )
とてもいいものを見つけたのでご報告したいなと思い、突然ですがご連絡差し上げました。

オランダのメーカーで、クレッシェンド イヤープロテクターという商品です。
http://www.korg-kid.com/crescendo/index.html

騒音をカットしても会話は聞こえる高級耳栓
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20141029/1061062/?rt=nocnt

耳に栓をして完全に聞こえなくするのではなく、目的別に必要な周波数は残して雑音をカットしてくれます。

私が今回購入したのはオフィス用で、全体的なボリュームをそのまま下げながら身近な騒音を抑えてくれます。

近くにいる人の声は静かに聞き取ることができるという優れものでした。

特に絶対音感があるとか音楽に特別な才能があるというわけではないのですが、
私の耳も音を拾いすぎるようで、東京に住んでいるとカナル型イヤフォンが欠かせません。

最近イヤーピースをどこかに引っ掛けて無くしてしまい、しばらく耳を露出して過ごしたのですが神経を裸にされたようでほとんど耐えられませんでした。

慌てて入った家電量販店の爆音にさらに発狂しそうになりながら見つけたのがこれです。

値段は高いですが、これで助かる人は多いのではないかなあと思いました。

私もしばらくこれを使って、自分を観察してみたいと思います。

佐原先生も機会が御座いましたらぜひお試しください。

佐原先生の文章に出会い、自分の扱いについてかなり意識的になりました。

これからも佐原先生のご活躍を楽しみにしております。

************

とても分かりやすく教えていただきましたので、そのままブログに掲載させていただこうとご連絡すると快くご承諾頂きました。

仕事中も使える耳栓というのはオフィスワーカーには良いですね。

そして次のようにもおっしゃっておられます。

************

自分の耳はそんなに大事にするほど繊細かしらと思っていましたが、これのおかげで日常のストレスは激減しています。

ちなみにイヤープロテクターをしながらでも電車のアナウンスは聞こえますし、会話も問題なくできました。

わたしは音が辛い時もありますが、音に助けられてもいます。

音にしっかり耳を傾けると、出口のない思考から自然に抜け出すことができ、散らかり気味な意識を身体に戻すことができます。

音楽に限らず、あらゆる音を深く味わいながら同時に不安に駆られたり自己批判をするのは不可能だからです。

少なくともわたしにとって、思考は音声という形をとっているようです。同時に二つを聞き取れないのです。

これは興味深い発見でした!


***********

ありがとうございました。

みなさんそれぞれに自分の敏感さと向き合いながら、自分の扱い方をマスターして行ってらっしゃるのですね。

なんだかその姿勢も励みになりますね。

人の感覚や性質は本当に人それぞれですので、自分なりの取扱説明書を作って行きましょう。

僕もイヤープロテクターを試してみようと思います。

Amazonで見ると、レーサー用とかガーデニング用とか種類がいろいろあるみたいですね(笑)
http://amzn.asia/dmsuzcS

僕はレースに参加することはなさそうなので、オフィス用を試してみようと思います。

みなさんも良かったらお試しくださいね。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 14:06| Comment(0) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

腸内フローラを整えてセロトニンを量産する


「よし!良い仕事をした! 次も良い仕事するぞ〜!」と僕がご機嫌で前のめりに仕事ができているのはたぶん、

最近、家庭菜園のように手塩にかけて育てている僕の中の腸内フローラが、満開のお花畑のようにフッサ〜と元気だからです。

daisies-384584_640.jpg

↑イメージではこんな腸内です。

きっとセロトニンを量産してくれているのでしょう。僕の頭の中も若干お花畑のようです(笑)

ほんとおめでたい。

大切ですね。腸内フローラ。

精神や意識にかなり大きな影響があるように感じています。


僕は仕事で洞察力や明晰な意識が求められることもあり、またヒーリングのようなエネルギーワークでは、エネルギーの純度が問われることもあり、腸の辺りのスッキリ度合いがかなり重要になります。

そこが少しでもどんよりしていると、冴えた意識でのセッションができない。

だから、普段から食事による腸のメンテナンスは意識しています。


頭脳労働をしている人にとってもそうですね。

そして人生を豊かなものにする上でも大切なのことです。


24時間の内のどれだけの時間を、クリアでクリエイティブな意識で保っていられるか。

24時間の内のどれだけの時間を、前向きな情熱とご機嫌さを保っていられるか。

24時間の内のどれだけの時間を、軽い身体で行動力を保っていられるか。


それが仕事や人生の質を決定します。

もし、睡眠以外の起きている時間の全てが、心身ともに軽くクリアで情熱的でご機嫌にいられたなら、どれほど素晴らしいでしょう。

人生がどれほど違ったものになるでしょう。


また、自分が持って生まれた(与えられた)才能をこの人生で100%発揮しているという実感の中に人生の正解感と充足感があるわけですが、

それと同じように、自分に与えられたこの肉体の潜在力を最大限に発揮しようとするところには、正解感からくる深い喜びがあるものです。


人それぞれに与えられた身体は違いますね。

神経が敏感だなー。とか、太りやすいなー。とか、胃腸よ!おまえは繊細か!とか、文句を言いたくなることも多々あるかもしれません。

でも、与えられたものは仕方がありません。


自分の肉体を探求して理解して、そのパフォーマンスを最大化するための自分なりのマニュアルを作っていくしかありません。

そして、あなたの肉体がどれほど個性的であろうと、人より劣っているように思えたとしても、

自分に与えられたその肉体の最大限のパフォーマンスを発揮できているという実感の中には、清々しい充足感と幸福感があるものです。

その清々しさ。充足感。正解感。達成感。幸福感。


そこに、私達が他者との比較を超える道があります。


あなたが何者であろうと、与えられたものを余すこと無く発揮しているという実感の中にいる時、あなたは王です。

自分を誇りに思い、誰かと比較して自分を卑下する必要はなくなります。


精神や心と同様、自分の肉体もマスターして持てる力を発揮させてくださいね。



今日はそのためのアプローチの1つ。

僕が腸内フローラを整えて、起きている間中ずっとクリアでご機嫌な意識を保つために取り組んでいる食生活を紹介します。

参考にしていただければと思います。


*******

【朝】

・ミネラルウォーター(常温) コップ1杯
・バナナ1本
・モリンガ茶

書き仕事して疲れてきたら、

・コーヒー(甘味ははちみつで)

お腹が空いてきたら、

・有機シリアルを少々


【昼】

・野菜サラダ(オリーブオイルをかけて)
・玄米おにぎり1〜2個
・飲むヨーグルト少々
・サプリ3粒

【夕】

お腹が空いたら
・有機シリアル少々
・バナナ1本
・コーヒー(甘味ははちみつで)


【夜食】

・納豆と玄米
・それ以外のおかずは肉なども含め自由に食べる
・サプリ3粒


【夜中】

夜中に活動して夜食を食べたくなったら
・有機シリアル


*******

では説明していきますね。

【朝】

・ミネラルウォーター(常温) コップ1杯

睡眠時の発汗による水分不足を補う意味と、浄化を促進する意味があります。

・バナナ1本

朝は食べない方が体調が良いのですが血糖値を維持する意味と、胃腸を動かすことで体内時計をセットする意味で、消化の負担の無いバナナを食べています。

・温かいモリンガ茶

温かいものを取りたいので、デトックス他さまざまな効果があると言われているモリンガ茶をホットで飲んでいます。


書き仕事して疲れてきたら、

・コーヒー(甘味ははちみつで)

コーヒーは自分にとってはご褒美なので、ある程度仕事が進んでから取るようにしています。

こうやって潜在意識を調教しているのですね(笑)

あと、僕はコーヒーはほのかに甘さを感じられるくらいが好きなのですが、甘味にはグラニュー糖ではなく乳酸菌のエサになるはちみつを使っています。

お腹が空いてきたら、

・有機シリアルを少々

エルサンクジャポン 有機シリアルハイファイバー プレミアム 480g -
エルサンクジャポン 有機シリアルハイファイバー プレミアム 480g -

頭をけっこう使いますので、血糖値が下がってお腹が空いてきますが、ここはまだ胃に重いものを入れずに、そして急激に血糖値を上げないように、

GI値の高い有機シリアルを取っています。

ガシガシと噛めてストレス解消になるのと食べている感があること。

食物繊維が豊富なこと。

血糖値の上昇が緩やかなので疲れにくいこと。

この3点から、僕の生活には無くてはならないものになっています。


【昼】

・野菜サラダ(オリーブオイルをかけて)

生きている生命の氣を感じられるものを食べたいので、サラダを食べています。
意識がクリアになるのが分かります。

自分で作れれば良いのですが、出張先などでは、セブンイレブンの大根サラダを採っています。
この手のカット野菜は賛否両論ありますが、僕の体感的にはOKです。

油分が不足しているように感じたら、オリーブオイルをかけるようにしています。


・玄米おにぎり1〜2個

これも血糖値を上げすぎないこと、消化に負担をかけすぎないことを意識して玄米にしています。
出張中は、納豆巻に変わります。


・飲むヨーグルト少々

でっかいヨーグルトを少しだけ採っています。僕の胃腸はヨーグルトの乳酸菌はあまり合わないようなのだけど、菌の多様性を維持する意味で少しだけ取るようにしています。

このあたり家庭菜園の、土の配合みたいで面白いですね(やったことないけど(笑))


・サプリ3粒

良質な栄養を取りたいのだけど、粗食に抑えているので、足りない分は良質なサプリで補います。

いろいろ模索した結果、このサプリが品質、信頼、効果も含めベストでした。

〔ダグラスラボラトリーズ〕UPX(10) 1/3 スプリット 360錠 -
〔ダグラスラボラトリーズ〕UPX(10) 1/3 スプリット 360錠 -

体重70キロの人で1日24粒摂るように進められているので、本来は僕の体重では1日20粒程度取るべきなのですが、

それをすると、元気になりすぎて眠れなくなったり、意識がギンギンになって困るので、僕は1日に6〜9粒程度にしています。

朝の目覚めなどもスッキリで、疲労感が無くなるとか、便秘が治る方が多いようです。

こちらの商品ページの下の方には良い効果の報告が結構出てきます。

うつのクライアントさんなどにお勧めしているサプリの1つです。


【夕】

お腹が空いたら

・有機シリアル少々
・バナナ1本
・コーヒー(甘味ははちみつで)

基本的に腹5分目くらいを意識しているので、その分、間食は取るようにしています。

でもその後も仕事なので、消化に負担が無いものを選んで、意識をできる限りクリアに保つようにしています。


【夜食】

・納豆と玄米

僕の腸内フローラは納豆菌が合うようなので、できる限り夕食は納豆を食べるようにしています。

・それ以外のおかずは肉なども含め自由に食べる

夕食はルールを決めず、好きなものを好きなだけ食べます。楽しみとしての食事ですね。

ここで潜在意識の手綱をほどくことで、日中はギュッとストイックに締めることができるわけです。

潜在意識のコントロールには締めることと開放することのバランスが大切です。

お酒は飲みません。

・サプリ3粒


【夜中】

夜中に活動して夜食を食べたくなったら

・有機シリアル

食べてすぐ寝るのは良くないと言われていますが、血糖値がある程度高い状態で寝た方が、睡眠の質も高く翌日調子が良くなるなどの説もあり、

僕は夜遅くにお腹が空いたら我慢せずに有機シリアルを取り、血糖値を下げすぎないようにしています。


以上です。


一貫していることは、

満腹にならないこと。

血糖値の急激な上昇はさせないこと。

仕事のある日中は消化に負担をかけないこと。

栄養のバランスを考えること。

腸に良い菌と食物繊維を摂取すること。

です。


そして、こんな食生活をしておきながらたまにマクドとかに行くんです。

そうすると、「悪っ!」って感じのポテトの禁断の味がたまらなく美味しいんです(笑)

整えては、時おり崩す。

たまにはジャンクなものも取る。

良いものだけで甘やかさない。

そんなことを意識しながらやっています。



以上が僕の身体のパフォーマンスを発揮するための食生活ですが、内蔵の消化や吸収の力は個人差がとても大きいものです。

ですので、これは決してみなさんの身体のパフォーマンスを発揮する食事法とは限りません。(多くの人にとっては摂取量が少なすぎると思います)


ですので、参考になる部分は参考にして頂いて、ご自分の体調や意識のクリアさをよく観察して、ご自分にとっての理想の食生活を見つけていってください。


ポイントは食後1〜2時間後の自分の意識、感情、体調、モチベーションを観察することです。


食後1〜2時間後にそれらが高い状態で保たれていれば、その食事はあなたに合ったものです。

いろいろと試してみてくださいね。


あなたが持って生まれた身体が、最大限活躍できますように。



***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 09:13| Comment(0) | HSPにお勧めアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

「過去」も「今」も「未来」も等しく響きに過ぎず


みなさん。こんにちは。

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいましたが、お元気にされていますか?

あまり更新できてなかった原因ははっきりしていて、

↓これです。
>>人生をより良くしたい全ての人にお勧めのスピリチュアル・セッション

このセッションの皆さんの反応が面白くて、

心理療法でカバーできなかった部分の貢献(波動上げる系、エネルギー注入系)がようやくできるようになってご機嫌で、ハマっています。


ここ最近は休み無くセッションを入れまくっていたのですが、このセッションの間は僕自身にも強烈なエネルギーが流れてくるので、心理療法と違って全く疲れません。


じゃあ、ブログ更新しろよ!って、あ…(笑)


言い訳のつもりが墓穴掘った感がありますが、

ええ。

頑張ります。


ここのブログを読んでいらっしゃる方は、霊的なプロテクションが弱くて人混みで調子悪くなったり邪気の影響を受けたりという方が多いのですが、そういった方にもこのワークによって改善の余地が出てきます。

ご興味がありましたら、ご自分のタイミングで受けにいらしてくださいね。



さてさて。

今日は『過去は変えられる』というお話です。

僕らは「過去は変えられない」というような言説には慣れていますね。


「過去は変えられない。変えられるのは今ここと未来だけ。

だから、過去を振り返らずに前を向いて、今ここの努力を重ねるんだよ」と。


そのような言葉には一定の真理が含まれているように思えます。

でも実際には過去は簡単に変わります。

先の言説では、時間というものを一本の線のように捉えています。


過去ーーーー今ーーーー未来ーー→

というように。


時間を軸として扱っています。


そして私達が動かせるのは、「今」より右側のみなんだよと。

過去は固定されていくようなイメージですね。

でも実際には違います。


時間とは線ではなく面(スペース)なのです。


水面のようなものです。


「今ここ」という水面に、過去の出来事と、今ここで起こっていることと、未来のイメージがが波紋となって響き合っている。

時間とはその響き合う水面です。


過去も今も未来も平等に、波紋に過ぎません。

そのインパクトの大小によって波の大きさが違うだけです。


過去にトラウマがあってその出来事の波紋が強い方は、いくら今素敵な恋愛をしていても、楽しいはずのその恋愛の波紋を過去のトラウマの波紋がかき消しています。

その人にとっては過去の波紋こそが「今」なのです。


逆にビジョナリーな起業家は今ここの波紋より、未来に投げたビジョンによる波紋の方が強く、

未来の響きによって今ここの自分を揺らし続けています。

つまり、過去か今か未来か、などどうでも良いのです。

強弱が問題です。


そして、それらの響き合いによって、過去の意味が変わることもあります。


例えば「こんな親に育てられたから…。」という嘆きの波紋を持っていても、「今」が豊かで幸せな人生を生き、「今」に満足していたら、

その「今」の波紋と過去が響き合うことで、

「あの親に育てられたお陰で、お母さんみたいにはなりたくないと思って頑張った。だから今の自分がいる」

というような波へと「過去」が変容します。


原因と結果として言うならば、

過去が原因で、その結果として今の境遇がある。

というだけではなく、

今現在の境遇が原因となって、過去の出来事を結果として「良きこと」か「悪いこと」かに意味付けられているとも言えるのです。


このように

「今」と「過去」と「未来」は互いに水面に響き合い、影響し合っています。


どちらが原因でどちらが結果とは言い難く、どちらもが原因であり、どちらもが結果として相互に作用しあっているのです。

だから「今」を変えると「過去」も変わります。


脳科学的に言うと、過去だと思っているものは、「今」の脳の中にあるシナプスの繋がりと、「今」の身体に保存されたままになっている感情のことです。

未来というのも「今」の脳の神経に保存された未来記憶と呼ばれるものです。

つまりどちらも「今」の脳と筋肉に保存されたものなのですね。

だから今に作用させることで、変えることができます。

これが心理療法が効果を出せる理由です。

大切なことなのでもう一度言いますね。


過去も未来も「今」の脳神経と「今」の身体に保存されているものだから、今いくらでも変えられるのです。


例えば心理療法で強烈な感情開放を行った後の数週間の間に、ずっと恨んできた母の優しかった記憶が次々に思い出されることがあります。


「今」の身体に残っていた過去の感情を解消したことで、ずっと響いていた波紋が消え、今まで気づかなかった優しい波の響きが水面に現れるようになったわけです。


今、感情処理をすることでネガティブな波紋が弱まり、過去のトラウマは単なる出来事となり、荒々しい波を作らなくなります。

その結果「今、ここ」という水面には幾つもの愛すべき過去が優しい波紋を作り、今ここを生きる私たちに響き続けます。励まし続けます。

それが、その人の心の波長となります。

在り方の響きとなります。



そして私たちは、それだけの存在ではありません。

今ここ、という水面に未来という石(意思)を投げ込み、波紋を起こすことでそれが広がり、今の自分を揺らすこともできます。


未来の波紋の影響を受けて今の私が作用され、今が変わり、それによって過去の波紋へも作用していきます。


意思1つによって、水面に自由な波紋を作り、いくらでも波を心地よいものに変えて行ける。

それが人生のマスタリー。

時間をマスターし、創造の領域に達した者の境地です。

そしてもちろん、あなたにもそれができます。


私たちは、誰かの投げ込んだ石の波紋に揺らされるだけの無力な存在ではないのです。

心理療法によって不要な波を取り除き、波紋を静かに整えていくと、

やがては鏡のように静かな水面になっていきます。

その静かな水面になって、あなた自分を取り戻したような喜びを感じます。

この水面を揺らすのは自分の投げる石(意思)のみだと。

人生を作るのは自分の意図だと。この人生は自分のものだと。

そしてさらに進むとまた別の気付きが起こってきます。


自分ではない別の存在、自分以上の何かが、時々この水面に何かを投げていると。波紋を描いていると。

そしてその波紋を邪魔せずにそのままにこの世界に現すと、想像を超える人生が展開するぞと。

自分を超えるということが可能になる道があるぞと。


自分の投げる石の波紋と、自分以上の何者かが投げる石の波紋。

その共同創造が人生なのだと。生きるコツが分かってきます。

面白いですよね。

本当に人生の創造というのは面白いんです。

あなたの水面はどうですか?

今どんな状態ですか? 何が響いていますか?


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

こちらに書いております

みなさん、こんにちは。

すっかり暖かくなってきましたね。

夏ですかねこれ?

ベランダの金魚達もごきげんに泳いでいます。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。


さて、今日は連絡事項をお伝えしようとします。

ブログの更新を楽しみにしてくださっている方が多くて、嬉しい限りです。

忙しくてなかなか更新できない時期もありますが、

でも、確実に毎週書いてお届けしているのは、こちら「7つの習慣セラピー」の編集後記です。

>>7つの習慣セラピー


本文は既にストックされているものが自動的に配信されるようになっていますが、

編集後記の部分は毎週月曜の朝に書いています。


私は自分の個人的な近況などを書くのは「これ必要?」と申し訳なく思うタイプなのですが、

読者さんのお話を聞くと、意外にもこの編集後記だけを楽しみに読んでるという方が多いようです。

本文は気が向いたら読んでます…って(笑)


良い天気ですね〜!とかって、先週何をしていたかをお伝えしているだけなのですが、それがなぜか良い感じなのだそうです。


また、複数あるブログの更新情報も掲載していますし、

セミナー開催の際はこのメルマガで事前にお伝えしています。


「7つの習慣」の本をまだ読んでいない方も良かったら是非、ご登録くださいね。

その時々の季節感と「今」を共有しながら、一緒に進んでいけたらと思います。

>>7つの習慣セラピー

*******

そしてもう1点。


HSPプログラム購入者限定のメンバーズサイトに以下の2つの文章をアップしました。

ご確認下さい。>>HSPメンバーズサイト

・『自信を育み人生を拡大するために避けては通れない道』

セラピーでトラウマを解消して行くことで回復される自信と、人生を拡大していくことで得られる自信との2種類がありますが、

後者の自信を育んでいく上での良いサンプルを体験したので、私の体験をシェアしております。


スピリチュアルな言い方をするならば、シャーマニック・テストを超えよ!ということです。


人は何かを学んで優秀になったり、能力が高まれば人生が拡大して行くと考えがちです。

そのため資格を取ったり学びの範囲をひたすらに広げたりしますが、実はそっちじゃないんですね。

日常に現れてくるシャーマニック・テストを見逃さずに超えることが大事なんです。

そうするとステージが変わるという体験が起こります。

自分の意識の波長が変わり、メンタルモデルが変わり、自分が扱えるエネルギー量が増え、引き寄せられる人の種類が変わり、自分の習得できる能力のキャパが変わっていきます。


それが本当の人間の成長の道です。

そういった体験について書いています。


・『ワークすると眠くなるのはどうしてだろう?』

こちらはHSPプログラムに収録されているワークをする際の質問にお答えしています。

数ヶ月前にアップしていたつもりが、よく見ると下書きの状態で保存されていました…。すみません。


その他にもコメントでご質問を頂いていたようで、また改めて記事にしたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

結婚できない…お母さんの意識エネルギーに取り込まれている人達

みなさんこんにちは。

カウンセラーの佐原です。

春分を過ぎて春らしくなってまいりましたね。

いかがお過ごしでしょうか。

花粉症に悩まされるかと思ったらそうでもなく、意外に健闘しております。

…って、書いていると鼻がムズムズしてくるのでダメですね。意識するとダメです。

花粉など存在しないかのごとくやっていきましょう。

それ以外はとても良い時期ですからね。

多くの方の人生にとっても、雪解けとなるような季節になれば良いなと思っています。

そして一点ご連絡です。

メールにて、自分の症状にセラピーが有効かどうかの相談を受けつけているのですが、

いただいたメールアドレスに返信すると、宛先不明で返ってくることが稀にあります。(私もエネルギーを込めて書いてるので、ショボーンってなります(笑))

相談したけど一週間しても返ってこないな…という方は「前に送ったのですが…」と一度ご連絡下さい。

その際にメールアドレスに間違いがないか、また携帯のアドレスの方はPCからのメールを受信拒否していないかチェックしてくださいね。

よろしくお願いします。


さて、今日は久しぶりにセラピー的なお話。セラピーに訪れる方に多い悩みの、意外な原因についてお話します。

その悩みとは例えば以下のようなものです。

・自分の気持ちや意見が言えない(あるいは無い。分からない。)

・自分が無いので何かを決めたり選んだりするのが苦手。

・何を話して良いのか分からないので、人とのコミュニケーションが苦手。

・人が怖い。緊張する。

・自分に自信が無い。

・自分の将来を想像しにくい。あるいはできない。

・自分の人生というものが無い気がする。

・結婚を想像できない。結婚しようと思うと怖い。


などなど。

これは日本人の女性に多い悩みです。特に心優しい気質の方に多いです。

一般的には自尊心や自己肯定感の問題だとされるテーマですね。


ご本人さんも「自信が持てないんです…。」とお悩みになって相談に来られますし、カウンセリングなどでも多くの場合、そういう見立てになると思います。

そして確かに、「自己肯定感の回復」という方向からセラピーをやっていくと上手くいくケースもあります。


ですが、全く違うところに原因があるケースがあり、その場合はいくらセラピーをやっても上手く変化が起こらないのです。

では、この悩みの原因は何かというと、


母親との一体化です。


お母さんが過保護だったり、過度に娘(息子)を気にするあまり、

母親のエネルギー場に自分が取り込まれていて、自分という感覚が溶けてしまっている状態なのです。

自我というものが母親と混ざり合って自分が薄まっている状態です。


例えて言うならば、2つの生卵を想像してください。

1つは母親でもう1つが自分。

お互いに横に並んで、違う殻によって自分の内面を守っています。

それ健全な自我状態で、お互いが個の状態です。


ですが自我という卵の殻がしっかりできてくる6歳くらいまで、子供はいわば殻無しの生卵のような状態です。

小さな反抗期を繰り返しながら、自分の殻を持ち、個としての自分の意見や思想を持つに至ります。

ですが、生卵の状態のころからあまりに母親の愛情が強かったり、自我が強すぎたりすると、

母親の卵の殻の中に自分が入ったままで、自分の空を持つこと無く生卵の状態で生きていくことになるのです。

そうなると、母親と混ざり合って自分という感覚が薄くなっているので、自分の意見がよくわからないのです。

これが私!としっかりと他者とぶつかり合うだけの強度が無いので、自信も持てません。

生卵の殻無しの状態ですので非常にデリケートです。HSPのチェックリストもたくさん当てはまります。

外に出て人と接するのも怖く感じるのです。

そして特徴的なのが、結婚に向けて上手く進まない方が多いです。(場合によっては恋愛もうまく行きません)


結婚とは母親の殻の外に出てパートナーと新しい関係を作ることなので、無意識は母への裏切りとみなし、怖くなったり寂しくなったりします。

「なぜか結婚に躊躇してしまう。」

「結婚したいという気持ちが良くわからない。」

「私はこのままいったら一生母と一緒にいる気がする…。」

「自分の人生が無い気がする…。」

そのように感じるのがまさにこのケースです。

母と一体化してしまっているのです。


精神分析学的にはこの母子の癒着を解き、二人を切り裂き、個としての自立を促すのが父親の役目になるわけですが、

父親が仕事に忙しくて家庭に意識が向いていなかったり、母の心に淋しさがあるあまり過剰に子供に意識が向いていたり、特別にパワフルでコントローラーな母親であったりと、いくつかの要因が重なると、

父の役割が上手く果たせず、子供は形の無い生卵のまま母親のエネルギー場の中に溶け込んだまま大人になってしまいます。


自分の人生の流れが無くなっているにもかかわらず、ひとまずの安心感はあるのでそのまま進んで行き、

就職して会議で意見を求められても発言できない自分に気付いたり、

結婚しなければ…という段になって初めて、私は他の人と何かが違う気がする…となるのです。


自分に自信が持てない。

人に意見ができない。

結婚が進まない。

という一見よくある悩みの奥には、こういった原因もあるのです。


幸いこのケースはセラピーで効果が出やすいテーマですので、思い当たる方は一度セラピーを受けてみて下さい。


母と分離して、自分という感覚を取り戻すことでようやく自分の考えが出てきて、自分の人生が動き出します。

外側に強固な卵の殻ができて、初めて勢いある他者と同じ強度で押し合うことができるようになります。


それは外の風を自分の頬に受けるような清々しい経験であり、それこそがようやく取り戻した自分の人生の心地です。

それを手に入れて下さい。

あー、これ私だ…と気付いてしまった方。


いよいよ船出の時ですよ。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | さまざまな悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

脳波測定デバイス『muse』を使って瞑想を効率化する

みなさん、こんにちは。

お元気にされていますか?

少し温かくなったと思ったらまた寒波が来ていますね。
昨晩の大阪は雪が降っていました。

寒さが和らぐまではもう少しですね。


さて、今日の記事は完全に私の道楽なのですが、最近手に入れたアイテムのお話です。

これです。

アメリカ製の「muse」という脳波測定のツールです。
アメリカ製の「muse」という脳波測定のツールです。

自分の脳波のフィードバックを得ながら、瞑想するためのデバイスです。

イヤホンから心地よい海の波音が聞こえてきてリラックスしながら瞑想できるのですが、心に雑念が浮かんだり集中が崩れると、脳波からそれをキャッチして風の音がうるさくなることで教えてくれるんです。

嵐が来たような音がして、おっと、まずいまずいリラックス…、リラックス…。とまた注意を呼吸に向けて心を鎮めていくことができます。

そして、リラックス度合いが深まってくると今度は鳥の鳴き声がするんです。

ピヨピヨ〜ピヨピヨ〜って、その音がとても気持ちよくて、おお!今ええ感じってことうやな!って思ったらその思考が雑念なんで、ゴゴぉ〜と嵐が来る(笑)

ダメだ、落ち着け落ち着け…、と。

このリアルタイムのフィードバックがとても大事なんですね。

瞑想は漫然とやっていると、深まってるのかどうかいま今ひとつわからないものなので、漫然と続けるしかないし、効果も「なんとなく最近深まってきた気がする」というような主観的なものでしかないんですね。

10年やってても、うまくいく日もあればうまくいかない日もある。


でも、こういった文明の利器が生まれたことで、自分の状態をより客観的に計測できるようになり、目標となる状態も教えてくれるので、かなり効率的に精神状態のマネジメントを習得して行けるようになりました。

何度か続けていると、どの状態が目指すべきところなのかが、なんとなく分かってくるんですね。

そうすると、ピヨピヨピヨピヨと鳴かせるのが上手になります。


買って最初の1回目の計測結果がこれ。

FullSizeRender (12).jpg

そして、コツを掴んで数回後がこれ。

FullSizeRender (11).jpg

あきらかに脳波がリラックスしてきてますね。

別のページではピヨピヨ言った量をパーセンテージで教えてくれます。

毎回の瞑想の質をしっかり客観的に評価して保存できるのが良いですね。

そして、電話で人と話をした後が、これです。

FullSizeRender (12).jpg

あぁ、自分は人と話すとストレスで脳波が乱れて戻しにくいんだな。なるほど、そら1人好きになるわ。と。

ということは逆に言うと人と話した直後に、このピヨピヨする脳波に戻せるようにトレーニングすれば良いんだな!と目標もできるわけです。


そこで、早速、ストレスを感じやすい電話は何か無いかな…と考えて、そうだWOWOWを解約しよう!となって、電話をする。(WOWOWさん、ごめん!)


音声ガイダンスで散々待たされる…。

でも瞑想マスターはそんなことでは心乱されない!


待たされる…。


待たされる…。


待たされる…。


10分くらいして、オペレーターが出る。

名前や電話番号や住所、生年月日と全部話し、

そして「確認してみますね。」と言われ、待つこと1分。


「あの〜。お客様はジェイコム経由でのご契約ですね…。お手数ですが、ジェイコムさんにお電話していただけますか?」


って、なんやねん!!!


ということで、チャンスです(笑)

「はい。わかりました。」と電話を切って即、頭にモニターを付けて瞑想!(なにやってんだか…って自分でも思います(笑))

その結果が、これ。

FullSizeRender (9).jpg


ふふふふふ。

88%ですよ。最高新記録達成!

ちゃんと良いモードにチューニングできましたよ。

掴んできたぞ。掴んできたぞ。

ふふふふふふ。

っていう遊びです(笑)

2万円です…。


ピヨピヨという鳥の鳴き声も心地よくて、良い形で脳の報酬系を刺激してくれているんでしょうね。

上達が非常に早いです。

ただガイダンスも全て英語で、日本語には対応していません。(ただ簡単な英語なのでなんとなく分かります)

そんなものが並行輸入品として日本のamazonでも買えるのだから、良い時代になりました。

アメリカのamazonの評価もなかなか興味深い議論が成されています。

そもそもピヨピヨ言うモードが瞑想のゴールとして正しいのだろうか?それはマインドフルネスの状態とは違うのではないか? などと本質的な問いが投げかけられていて、その評価のコメント欄では開発者からも返事が寄せられて深まっています。

面白いですね。

テクノロジーの進化とコミュニケーションツールの発達によって、精神や心といったブラックボックスだった世界もどんどん開拓されて行っています。

ということで、このmuseというデバイス。

特にお勧めではありませんが(笑)

こんなので遊んでいる今日このごろです。

また面白い変化が出たら報告しますね。その時はお勧めできるかもしれません。

ではでは。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 13:44| Comment(1) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

半分冬眠しつつ冬をやり過ごそう

みなさん、こんにちは。

カウンセラーの佐原です。

二十四節気では「大寒」というこの時期。本当に寒い日々が続きますね。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

ベランダの水瓶の水も凍っています。

金魚たちは家の中に退避させていますが、水の底でじっと大人しくしています。

ほんと、こんなに寒いなら僕らももう冬眠で良いんじゃないかな?とか思いつつも、働くんですよね、人間は。

だってみんな働くから、僕も頑張りますよ。止まれない。

でも、

一方で知ってるんです。

人間の脳や神経や内蔵の中には、アメーバから魚類、両生類、爬虫類と続いてきた進化の歴史の全てが入っているってことを。


つまり、僕らは意識では人間でありながら、身体はちょっとだけ魚類であったり、ちょっとだけ爬虫類であったり哺乳類であったりするわけです。

だから、寒い日も人間として頑張って生活を回しながらも、でも内蔵や脳のどこかは冬眠に向かおうとしているんですね。


そんな感じがしませんか?


身体が布団から出たがらないとか、食事もほどほどにして活動を落としていきたくなるような感じ。

気分も無理に上げたくない。


できることなら、でっかいシャケでも抱いて丸くなって寝ていたい…(笑)

それはきっと、あなたの中のヒグマ時代の記憶が、そう言っているのですよ。

世の中的には、年中絶え間なく頑張ることを求められてはいますが、一方でこっそりと、


そのヒグマな自分自身にも優しくしてあげてくださいね。


「寒いけど、頑張ろう\(^o^)/」とかやりすぎると、自然の摂理に反しているので、逆にリズムが乱れてしまいます。

いつも言っていることですが、私達の身体は自然の一部なのです。

自然に属していて、四季を持っています。

そこと戦わずに、乗っていくことが大事です。

冬であるならば、自分の一部分をこっそりと冬眠させながら、求められる仕事はこなしつつ、だましだまし進むのがコツです(笑)

内緒だけど大事なことです。


普段より沢山眠りましょう。


活動的に広げるよりも、内省したり勉強したり内側を充実させることをしましょう。


これは冗談のようだけど本当の話で、例えば解剖学者の三木 成夫氏の著書などを読むと、数億年の進化の記憶を内蔵に有しいてる「人間」というものの違った側面が見えてきます。

内臓とこころ (河出文庫) -
内臓とこころ (河出文庫) -


また瞑想や修行を通じて、精神や身体の理を極めてきたマスター達も同じようなことを言います。

合気道の脱力していつつ素早い身体の動きについて、「みぞおちの辺りに魚類だった頃に持ってた浮袋の名残りの感覚があってね。それを使うんだよ。」とか(笑)


心理療法の世界でも、こういった進化の時間軸を扱うものがあります。


「私はなぜか昔から他人が怖くて、攻撃される気がするんです…。」


「なるほど。では進化の時間軸を遡っていきましょう。どの時代に攻撃された感じがしますか?」


「そうですね…。うーん…。トカゲだった頃ですね…。」


みたいなワークが(笑)本当にあるんです。


流石にクライアントさんに提供する対面セッションでは扱ったことはありませんが、たまにセルフワークとしてやったりします。

これはこれで、また違った感覚と効果を感じることができるんですね。

何より自分の意識を何億年という時間軸へと拡張して、野生の身体意識を活性化することができます。


今の人というのは、前頭葉で思考しすぎて、あまりに人間をやりすぎているんです。逆に言うと動物であることをサボり勝ちなんですね。


だから、たまに魚類になったり爬虫類になってから(つまり前頭葉を休めて脳幹を使うモードになってから)眠ると、疲れが取れやすくなり、心身のバランスが取り戻されていきます。

もっと直感や五感を使って生きることができるようになります。


この爬虫類になるワークは、また近い内にHSPプログラムの会員サイトに掲載しますので、やってみてください。

かなり恥ずかしいワークなので、一人でやってください(笑)


ということで、大寒のこの時期。

なんでこんなに気持ちが上がらないんだ!?とか、

なんでこんなに眠いんだ!? とか、

頑張れないんだ!?などと、思うことはあると思いますが、

どうか自分を責めないでくださいね。

それは、ヒグマのあなたが冬眠したがってるだけです(笑)


その冬眠したがる衝動をたまには満たして楽しみながら、今はだましだまし人間社会の役割を全うしつつ、春を待ちましょう。

そして春になったらまた山から降りて、バシバシとでっかいシャケ獲ったろうではありませんか!


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

また、購入者には限定の会員サイトでの情報提供やフォローも行っています。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

引きこもりは至福の時間

みなさん、こんにちは。カウンセラーの佐原です。

もうすぐ11月も終わりですね。

本格的に寒くなって来ましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


僕は東京出張から大阪に帰ってきて、大切なイベントを1つ終え、そして今週こそはゆっくりしようと、気持ちを引きこもらせようと、たくらんでいます(笑)


引きこもりは最高ですね。


今日は誰にも会わずに天才心理療法家ミルトン・エリクソンの本をじっくりと読み進めて心に滋養を与えたり、

今は暗闇にローソクの火だけを灯してゆっくりと文章を書いたり、心を遊ばせたりと、静かな時間を過ごしています。

お供となる音楽はamazonプライムミュージックで選び放題なので、良いですね。

最近の引きこもり時間のお気に入りのBGMはノラ・ジョーンズです。

スクリーンショット 2016-11-28 0.56.55.png

力が抜けてて良いんです。

で、音楽をかけているのに、なぜか耳栓もしています(笑)

耳栓をすると本当にざわついた神経が休まります。

今は耳栓越しに聞こえてくるくらいのかすかな音楽が心地良いんですね。

このゆったりとした内向の時間。引きこもりの時間が至福です。


僕にとってはこの夜の引きこもりの時間を最高に輝かしいものとするために、昼の活動があると言っても良いくらいです(笑)

それくらいに必要な時間なんですね。

これは以前の記事で書いた、自分の響きを取り戻すための時間です。

>>『自分の中の響きに従う』

逆にこの時間が取れないと本当にきつい。


あ、そうそう。

今こうして僕が書いていることが「分かる!」と思う方は、例えば異性とお付き合いする際、あるいは結婚する際、

ちゃんと自分のこの性質をパートナーに伝えてくださいね。


「自分はどうしても一人で過ごす時間が無いと、おかしくなってしまう生き物なんです。」って(笑)


ちゃんと説明しないと、同じような感覚がない人にとっては、蔑ろにされているように感じて悲しませたり、恨みを持たれたり、

またその恨みによってせっかくの引きこもりの時間も、気持ちがパートナーの方に引っ張られたりして、良質な時間ではなくなってしまいます。

なかなか理解してもらえないかもしれませんが、それでも気長に説明してください。いつかきっと理解してもらえます。


自分の性質を理解すること。

それを言葉で上手く伝えること。

どちらも大切なんですね。


そして、それをちゃんと理解してくれるパートナーと一緒になってください。

お互いの異質さというものを、解消しようとせずに異質なまま同居させられるのって、成熟した関係だと思うし、素敵なことですよね。

そんな関係を築いてください。

焦らずゆっくりと。


僕はこうして、静かに一人で暗い部屋で心を遊ばせていると、自分の響きが取り戻されて、それが心の中に満ちてきて、

ある時にパカっ!て心の中で小さな箱が開くんです。

引きこもってしばらくして安全だと感じると、開く。

で、心の中が静かに一人でウキウキしている。

すると「あ、そうだ、あれをやろう。」って、心の深いところからアイデアや方向性が生まれてきたりする。

で、そういうアイデアはだいたい上手く形になるんです。


逆に昼の賑やかな人間関係や響きが揺らいでいる中で、これやろう!って思ったことはまだ腹落ちしていなくて、

ちゃんと夜にもう一度自分の響きに戻して、自分が根っことつながった状態になって吟味してみる必要がある。


それは本当に自分の根っこに根ざしたアイデアなのか、単に誰かの想念をキャッチしたものではないのか。

そうだとしたら、改めて自分の根っことつなぐことはできるのか?


そうやってちゃんと静かな夜を通過させないと、人生が誰かの雑多な想念や思いつきによって作られていってしまうんですね。

人生が整わないんです。


だから、僕は毎晩できる限りひきこもっています。

みなさんも疲れたなって思ったら、夜は暗闇にローソク。音楽に耳栓。そして引きこもって心を遊ばせてみてくださいね。

自分の響きを取り戻して、また明日から進んで行く元気が取り戻されると思います。

「元気」って、その人の「元」の「氣」の質ですからね。

そして実は人は日々いろんな人の想念の中で生きることで、たくさんの邪気を蓄えて重くなっています。

ローソクの火はその邪気を燃やして浄化してくれるんです。

だから、澄み切った「元」の「氣」に戻りやすいんですね。

毎晩、あなたの自身の「元」の「氣」に戻ってから眠りましょう。


***HSPプログラムのご案内***

おかげさまでご好評を頂いております自宅セラピープログラム。

こちらは毎日の感情処理を自分でできるようになることで、心の負担をかなり軽くすることができます。

それ以外にも、

長年心に溜め込んでいた感情が溢れて、涙が止まらなかった…。

トラウマになっていた記憶を思い出さなくなってきた。

などなど。様々な声を頂いております。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

自宅にいる時間や外でのスキマ時間に、自分で自分に心理ワークを施せるようになります。


***カウンセリング・心理療法のご案内***

心の表面の感情を処理し、その奥にある信念(ビリーフ)を書き換えることで、生きづらかった反応を消失させる。

本質的である上に逆戻りの起こらない本物のセラピーを提供しています。

>>驚きの声はこちら

>>さはらのカウンセリング・心理セラピーについて詳しくはこちら

大阪・東京で受けていただけます。


***確実にお届けするためにメルマガを始めました***

>>カウンセラーさはらの公式メルマガ(不定期・無料)

日々のカウンセリングから役立つ情報をお伝えします。

ご登録は20秒→こちら 

posted by ms at 01:23| Comment(1) | TrackBack(0) | HSP(繊細すぎる人) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

HSPプログラムの購入者限定サイトを作りました

みなさん、こんにちは。

今日はHSPプログラムの購入者限定サイトのご案内です。

HSPやエンパスの方が日々の生きづらさから抜け出すために、

感情処理やストレス処理などが自分一人でできるようにと、

セルフセラピーを収録したHSPプログラムの販売を始めたのが今から4年前。


ずっと作りたいと思っていた購入者限定のフォローサイトをようやく形にできました。


最初は無料ブログで作っていたのですが、広告がうるさくて(このブログもですが…)しんどく感じる方も多いかと思い、

WordPressを導入して、シンプルなデザインに作り直しました。

IMG_6182.PNG

購入者の方にはメールにてURLとパスワードをお送りしましたので、ご確認ください。

※もし届いていないようでしたらお手数ですが以下までご連絡ください。

>>購入者メールアドレス申請フォーム

こちらで確認した後、メールにてURLとパスワードをお送りいたします。
お手数ですが、よろしくお願いします。


このフォローサイトを使って、フォーカシングなどの心理療法の応用法やQ&Aにお答えしています。

またフォーカシングで潜在意識の声を聞いてコミュニケーションが取れるようになると、

更にその先には本格的に、自分で自分のメンタルブロックを解消することもできるようになります。

いずれはそういったプログラムも上位版として、ご提供できればと思っています。


自分の過去を癒やすインナーチャイルド・ワークや、過去の失敗や辛い記憶を自分で癒やし、力を奪い続けている過去を力のあるものに書き換えるタイムライン・セラピー。

自分の中のフェルトセンスとコミュニケーションを取って、メンタルブロックを解消して本質的な変化にまで導く、NLPのワークなど。

CDプログラムという形で提供できることは、まだまだありますのでどうぞご期待下さい。


自分を変えて楽になろうとする時、対面セッションを受けていただくことが最善であることは間違いありませんが、敷居が高く感じていらっしゃる方も多いかと思います。

そんな方にも、こうした文章やCDプログラムを使ったセラピーなどを通じて、お役に立てればと思います。

かくいう私自身も、心にブロック(心理抵抗)や生きづらい反応が見つかる度に、自分で自分にセラピーを施してバシバシと外して、その度に自由になってきた人間です。

ですので、セルフセラピーの力には確信があるんですね。

自分にセラピーを施す力や、セラピーを受ける感度が高まってくると、どんどん心が耕されて変わっていくし、

洞察力や感性も高まっていきます。

感性や洞察力というのは結局のところ、何かを見た時に反応している身体の声にどれだけ精妙に気づき、言語化できるかという、その精度のことなのですね。

(ちなみに、人が言う「頭の良さ」というのも、実は大半は身体の反応を言語化する力であったりします。)

そういう意味で、セルフセラピーというものは習熟していくといろんなお宝を得られる面白い世界なんです。

どんどん深めていっていただけたらと思います。


今回作ったメンバーズサイトは、スマートフォンでも見やすくなっています。

いつもポケットに入っているスマートフォンで、いつでも開けば、HSPや内向型や自己変革のための知恵の場につながれるような。

そんな風にみなさまの日常に寄り添えるような形でサポートできれば嬉しいです。

ということで皆様、これからもよろしくお願いします。

****

CDプログラム? フォーカシング? 私もやってみたい!という方はこちらを御覧ください。

>>HSPプログラムについて、くわしくはこちら

現在は購入の際のメールにてメンバーズサイトのURLとパスワードを記しています。


posted by ms at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自宅セラピープログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする